「ゆかり」で知られる三島食品広島工場で、春の親子見学ツアー開催

写真拡大

広島県広島市中区にある「三島食品広島工場」は、「ゆかり(三島食品の登録商標)」など同社のふりかけや、混ぜごはんの素の製造工程を見学できる家族向けツアー「2013春休み 親子工場見学ツアー(広島工場限定)」を開催する。

日時は3月27日、4月3日の2日間、定員は30名。

同工場は、広島市の小学校3・4年生の授業に使われている副読本にとりあげられ、課外授業の一環として、毎年約8,000人の児童が来社しているという。

見学では、しそ・わかめ・かつおなどの原料から、処理・調味・乾燥・袋詰めと製品ができあがるまでの工程を見ることができる。

予約は、大人1名・子供1名以上の家族単位(合計9名以下)。

原料や機械の近くを通ることがあるため、未就学児(平成25年4月からの新小学1年生含む)や、重篤な食物アレルギーがある人、ペースメーカーを着用している人は参加できない。

また、見学時は、帽子・マスクなどを着用。

子供は学校で使われている給食用エプロン(スモックタイプ)・子供用マスク・上靴の持参が必要となる(エプロンは貸し出し可能)。

大人向けのエプロンは工場で用意するとのこと。

開催時間は10時から11時30分を予定。

予約の締め切りは3月27日開催が3月20日、4月3日開催が3月27日となっている(定員になり次第締め切り)。

予約は、同工場見学ツアー公式ページから。