●奇襲!半蔵学院

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© MarvelousAQL /『閃乱カグラ』パートナーズ

TVアニメ「閃乱カグラ」がAT-Xその他から放送されています。

<キャスト>
飛鳥:原田ひとみ
斑鳩:今井麻美
葛城:小林ゆう
柳生:水橋かおり
雲雀:井口裕香
焰:喜多村英梨
詠:茅野愛衣
日影:白石涼子
未来:後藤沙緒里
春花:豊口めぐみ
霧夜:藤原啓治
半蔵:山本兼平
凛:三森すずこ

●ストーリー
忍―。それは遥か昔、戦国の世にあった影(かげ)の存在。人の中に隠れ、探り、煽り、騙し、壊し、そして殺す―。あらゆる闇の仕事を引き受けていた陰(かげ)の存在。いつしか人々の心から消え去り、おとぎ話のように語られるだけになってしまった翳(かげ)の存在。しかし、彼らが人々の心から消え去ろうとも、人々の業が変わることはない。いまだ闇の世界に生きるものは必要とされ続けている。忍は今も存在しているのだ。
現代の忍の雇い主は、政治家や大企業の幹部たち。強大な権力を持った彼らの中には、忍を己の欲を満たすための道具と考えているものもいる。そんな闇に動かされた“悪忍”たちに対抗するために、政府はあるプロジェクトを立ち上げた。“善忍”―そう呼ばれる国家所属の忍を育成する機密プロジェクトである。そして“善忍”を育成するために作られた機関が「内閣特務諜報部諜報―課付特殊機密諜報員養成所」―通称、忍学科。学生数1000人を抱える名門マンモス進学校「国立半蔵学院」の知られざる裏の姿。
この物語は悪と戦う“善忍”となることに青春を捧げた、
国立半蔵学院忍学科に籍を置く5人の少女たちの愛と勇気の軌跡である。
●秘立蛇女子学園
秘立蛇女子学園、国立半蔵学院が善忍養成機関だとすればそこはいわば悪忍養成機関。

そこでは過酷な修行をしているのですが、下忍が上忍に対しての下剋上も日常茶飯事。

※もっとも上忍もそう簡単に下剋上を許すような甘い者は殆どいません。

詠「もやしが高騰してますね!庶民の味方のもやしなのに…。」

詠の庶民感覚は少しほっとしますね。
●葛城、過去を振り返る!
前回の合宿で蛇女子学園に散々な目にあった半蔵学院の5人。特に斑鳩や葛城はまるで歯が立たなかった状況であったため、再戦については思うところがあるようです。

それは霧夜先生が一番判っている事ですが…。

※授業中、居眠りをしたため廊下に逆さに吊るされる葛城。

そんなとき、葛城は過去の事を思い出します。忍であった両親は任務の失敗によって、自害せず抜け忍として姿を消します。それゆえ彼女には立派な善忍となって両親の罪を償おうとしているらしいですが…。

そんなとき、半蔵学院に侵入者が!
●蛇女子学園の来襲!
霧夜先生が侵入者を捕まえると何と傀儡!つまり蛇女子学園の手の者ということですが…。

飛鳥・斑鳩・葛城・柳生・雲雀「忍、転身」

春花「うふん、ショータイムの始まりよ!」

斑鳩「その制服は?」
詠「お金持ちの学校は制服も良い生地を使っていますね!」


詠の爆弾攻撃に対して斑鳩は窮地に陥ります。

葛城vs日影、再戦ですが葛城は全く歯が立たず!

そして飛鳥は焰と対峙しますが…。

飛鳥「焰、ちゃん?」

どうしても焰を敵だと思えない飛鳥は戦えません。

焰「命令ならば親でも友でも容赦無く切り捨てる。それが忍びだ!」
●傀儡使い、春花
春花「うふふ、貴方、可愛いわね!」
雲雀「貴方が傀儡使いの?」


雲雀の実力では春花に勝てそうにありません。そこで柳生の救援を待ちますが…。

一方、蛇女子学園では司令塔であった鈴音が出陣準備をしています。

鈴音「いくら御大層な言葉を並べても所詮目先にある事だけ。俗物どもめ!」

「閃乱カグラ」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「閃乱カグラ」第4話「臨海修行はBiKiNi!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「閃乱カグラ」第3話「斑鳩の家族」(ネタばれ注意)
【アニメ】「閃乱カグラ」第2話「蛙、嫌い!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「閃乱カグラ」第1話「忍、転身」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「閃乱カグラ」TVアニメ公式Webサイト
「閃乱カグラ」AT-X公式Webサイト