ザ・ノース・フェイス、足裏のアーチを支えるソックス2種をリニューアル

写真拡大

ゴールドウインが扱うブランド「ザ・ノース・フェイス」は、テーピング効果で足裏のアーチを支える”トリプルアーチ・サポート機能”を採用したランニングソックスと、登山・トレッキング用ソックスをリニューアル。

2月中旬より全国のザ・ノース・フェイス取扱店で販売を開始する。

ランニングソックス「TEKSOX RUNNING NANO(1,575円)」は、従来のナノフロントによる滑りを抑える機能は維持しながら、テーピング効果で足裏にある3本のアーチをサポートする機能を付加した。

この機能によって足裏のアーチの形成を補助し、推進力や衝撃吸収性をキープ。

また、マメの発生を防ぐために超極細ポリエステル繊維「ナノフロント」を採用。

「足とソックス」「ソックスとシューズ」のズレを抑え、滑りにくくしている。

カラーは、ブラック×グレー、TNFイエロー×グレー、ノーチカブルー×ホワイト、リナリアピンク×ホワイトの4色。

登山・トレッキングソックス「TEKSOX TREKKING MIDWEIGHT(1,890円)」は、従来からの”トリプルアーチ・サポート機能”をもちながら、吸水・速乾性を発揮する「FLASHDRY(フラッシュドライ)糸」を使用しリニューアル。

「FLASHDRY糸」は、ポリエステル繊維に、ヤシ殻や火山性鉱石による”ココナパウダー”を練り込み交編しており、吸水スピードを高め、肌をドライに保つという。

また、つま先&かかと部分をパイル加工にしてボリュームを持たせており、着地時の衝撃を吸収する。

カラーは、ダークレッド、グレープ、ダークブルー、カーキ、マウスグレーの5色。

なお、「TEKSOX RUNNING NANO」、「TEKSOX TREKKING MIDWEIGHT」のどちらも、サイズはXS(21-23cm)、S(23-25cm)、M(25-27cm)、L(27-29cm)の4サイズ。

抗菌防臭加工がされているとのこと。