【今回のまとめ】
1.アベノミクスの主眼はインフレを起こすことにある
2.日本だけでなく世界の中央銀行が通貨の交換価値の引き下げを狙っている
3.今は世界的にインフレではない
4.産業の現場からは既に好景気へ向けたシフトの声が聞こえている
5.原油価格が100ドルを超えるかがポイントになる

アベノミクスのねらいは「インフレ」を起こすこと

 「願い事をするときは、気をつけろ(Be careful what you wish for.)」という格言があります。これは本当に自分の願いが叶ってしまったとき「こんなはずじゃなかった!」と後悔することが多いという意味です。

 「アベノミクス」は緩和政策の拡大を通じてデフレから脱却することを目的としています。デフレとは、物価が下がる状態を意味します。年金生活者のように一定の収入が確実にあることがわかっている人にとっては、物価が下がることは歓迎すべきことです。

 その半面、企業がデフレ下で着実に利益を伸ばしていくのは並大抵のことではありません。だからデフレ下では「守りの経営」になりがちです。

 これまでのところ、アベノミクスは円安、株高の演出に成功しています。個人投資家や企業の経営者もいくぶん元気を取り戻したのではないかなと推察します。行き詰ってしまった時、今回のように何か新しいことを試してみるという態度は、私は重要だと思います。

 ただ、アベノミクスの最終目的はインフレを起こすことですから、「もし本当にインフレになったら、どうなる?」 ということについて、今から考えておく必要があると思うのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)