問題があると逃げ、部下と向き合わない「昭和上司」の体たらく、下はちゃーんと見ています。「平成部下」たちの怒りの本音がここに。

――まず、上司とのコミュニケーションで困った経験について教えてください。

【メーカー】僕は他のメーカーから転職して5年目の営業担当なんですが、今の部署はトータル6人で上司は部長と課長の2人です。でも管理職は2人とも「超・プレーイングマネジャー」で、個人商店が6軒あるみたいなもの。部長も課長もとにかく海外出張ばかりで会社に不在のことが多いんですね。

部長からの連絡はほとんどメールなんだけど、単純な指示だけで、その背景とか、結局、何をやってほしいのかの説明がない。「理由はないけれどやれ」という感じで、こっちから電話して初めて腑に落ちる感じかな。どんどん攻めるタイプの営業マンで、先輩としては魅力的なんですが、管理職としては指示が言葉足らずで投げっぱなしなんですよ。

かといって自分の裁量でやろうとすると、部長はOKでもその下の課長が横から口を出してくるし、2人のベクトルもバラバラ。経費の決済のハンコだって、部下が勝手に上司の机の引き出しから出して押してるくらいだから。

【商社】うちの「批評家上司」は、相談しても、アドバイスじゃなくて「批評」が返ってくるだけ、問題解決能力がゼロ。社内調整してほしいから相談してるのに、批評だけして「うーん。それは困ったな。おまえ、やっとけ」という感じ。だから話をしても意味がない。担当部長という微妙なポジションなんだけれど、すぐに「オレは部長じゃないし」って逃げる。でも担当のクライアントでしょうと言うと、「担当じゃないし」と言って逃げる。じゃあ、あんたは何なのよ……。

【証券】「停滞上司」も困りますよね。証券会社でいろいろな支店を経験すると、やっぱりいい上司にも悪い上司にも当たる。

ある中間管理職は人には「すぐにやれ」と言うくせに、自分のところにきた書類は平気で1週間、下手すると1月キープして、仕事が滞ってしまうの。一見、すごくいい人で、私が何か提案すると、「いいね。それやりたいね」って、そのときは言ってくれる。でも決裁権のある上まで上げてくれない。で、また停滞(笑)。

あとで「何かアイデア出して」という話が上からきたときに「君が報告してくれないから現場の状況がわからない」って苦情を言われるんですけど、もうずっと、何回も何回も言っているのにすぐ上で停滞してるだけ……と反論したくなるのを、ぐっとのみこんでいる。

――要するに、部下の話を真剣に聞いていないんですね。

【メーカー】基本、上司って部下の話は聞いてないよね。課長は、僕の客先に、たまには行くからアポ獲れと言っておいて、電車の中で「オレ、今日何話すんだっけ?」って。わざわざ事前にレクチャーしてるのに、いい加減にしか聞いてない。

結局、年に1回の表敬訪問だから、相手も覚えてないし、同じ名刺が毎年どんどん増えていく。トランプだったらツーペア、スリーカードは確実にいける(笑)。

【商社】目標も経営からの話を伝言みたいに伝えるだけ。「とりあえず売り上げ40%アップ」とか。方法論も何もなし。

【メーカー】うちにもいるいる、「伝言ゲーム上司」(笑)。「どうしたらいいか一緒に解決していこう」っていう頭がないんだよね。とりあえず「根性でいけ!」とか、昭和の根性論をぶつ。

【商社】部下の話は聞かないくせに、自分の指示は絶対だったりする。商社って営業はみんな外に出ちゃうから、連絡は基本メール。常にパソコンは携帯してるけど、週末に問題が起こったことがあった。出張中の上司からメールが入っていたんだけれど、週末だから朝晩ぐらいしかメール見ないじゃない。日曜の夜にチェックしたら、「何で返信しないんだ!」ってメールで上司がブチ切れてて。すぐ月曜日に出張しなくちゃいけないような大変な事態だったんだけれど、だったら携帯に一本電話してくれよと思う。

【銀行】それを聞くと、僕の今の上司は、向こうからコミュニケーションしようと努力してくれている感じはするな。ちょっと細かいところはあるけど。

【証券】さすがメガバンク。うちみたいな中堅金融と違って、もともと優秀な人材がそろっているんじゃないかしら。

【銀行】いや、もちろんいますよ、大変な「困ったちゃん」上司も。うちは合併を繰り返しているじゃないですか? そうすると40代以上で旧行意識にとらわれて、現状を受け入れられない人がいる。プライドが高くて、いい時代の記憶にしがみついていて、凝り固まっているんだよね。昔、地方にいたときの上司がまさにそのタイプで、長い間海外駐在やって、戻ってきたら合併。ポストも減ったから処遇に不満たらたら。国内リテールと海外だと、いろいろと業務で違うことが多いのに、プライドが邪魔して簡単なことでも部下に「聞けない」んですよ。

【メーカー】「聞かない上司」も困るけれど、それは「聞けない上司」だね。特にバブル世代以上は、なまじいい時代の成功体験があるから、そこから抜け出せない。

【銀行】現場のことが何もわからないから、指示の出しようがないうえに、知ったかぶりするから余計始末が悪い。そういう人が支店長だと、エリアの支店長同士の横の情報交換でもコミュニケーションとりづらいから、支障が出るんだよね。

数字は下がるし、360度評価で下からひどい評価が続いて結局、飛ばされちゃった。振り返ってみると、本当に何もやっていなかった上司だった。

【商社】でも、ちょっとうらやましいな。やっぱり大手は評価システムとかきちんとしてるんだね。うちは人数が少ないから、360度評価のシステムがあっても、なあなあで意味がない。部下が少ないから、匿名でも「おまえオレに悪い評価つけたな」ってわかっちゃうんだもん。だから、最悪な上司でもずっとそのまま。

【メーカー】こっちの評価をするのも、直属の上司だけなんだよね。プレーイングマネジャー上司は、上司というよりも同じ仕事をする同僚、数字を背負ったライバルみたいなもの。でも上司だから評価はするし、モチベーション下がりますよ。

――今まで出会った最悪の上司ってどんなタイプでしょうか?

【商社】今まさに上にいますよ。さっき話した担当部長です。管理どころか、本当に何も仕事しないんですよね。やっていることはネットサーフィンと人の電話に聞き耳をたてる情報収集。部下の仕事が「刈り入れどき」になると横からビューンと出てきて、手柄だけさらっていく。エクセルとパワーポイントの達人で、プレゼン上手だから、上の受けはすごくいいです。アピールがうまい。

で、その下に「忠犬ハチ公」みたいな仕事のできない古参部下がいて、その担当部長のことをすごく持ち上げる。上司も「ハチ公」のことを「彼はすごい能力がある」とほめる。持ちつ持たれつの関係で、もう十数年くっついているみたい。

【メーカー】その人が仕事をしていないの、上は気がつかないの?

【商社】その上の本部長は暴走型というか、勢いだけでいくタイプだから、何を相談しても「とりあえず現場100回行け」というぐらいで、あまり部下のことも見ていない。で、担当部長は「仕事してる感」を出すのだけはすごくうまいんですよ。共有スケジュールとかも、アポでいっぱいなんだけれど、よく見ると会社持ちで飲める「飲み会」ばかり。キャンセルになったアポも消さない。だから忙しそうに見えるんだと思う。

――40代以上の上司だと、女性部下をうまく扱えない人も多いようですが。

【証券】証券は少し前まで「男の世界」。今でも面と向かって、上司に「男は一生養っていく家族がいるから女とは違う」と言われたこともあるわ。仕事の割り振りは上司がやるんですが、結局女性は総合職でも「店頭の女の子」扱いで、任されるエリアは歩いて行けるようなところだけ。向いてるからっていう理由で雑用も強要される。で、事務のために雇った派遣社員は仕事がなくて遊んでるの。

以前、ある支店にいた頃、自分で投資セミナーの企画をやったんですよ。講師もやって、テキストもつくって、普段の仕事もして、すごく忙しかったんですけれど、私が最後の刈り取りまでやって獲得したお客さんも最終的に若い男の子に回されちゃった。数字も取られました。

【銀行】ええっ、それはひどい!

【証券】「ハチ公」部下じゃないですが、それこそ、ゴマすり上手で、支店長に可愛がられてる「お稚児さん」みたいな男の子がいたの。いいお客さんは彼のところに集められて、実力もないのに上司が押し上げるから、本人も「オレはできる」と勘違いして。

私は中間管理職的なポジションだったんですが、支店長とその男の子が直接仕事のやり取りするから、組織の序列はめちゃくちゃ。特に女性上司の言うことなんか全然聞かなくなった。私が彼に振った仕事なのに「じゃあ、資料つくって」と言われたり、「僕はこんなに数字抱えてるのに、女性はずっと会社にいてノルマもゆるいからいいですよね」なんて暴言も平気で吐く。

よく「女を使って出世する」なんて言われるけど、男性もちゃんと「男」使って出世してますよね?(笑)。

【銀行】うちの営業現場は、急速に男女平等が進んだと思う。でも、逆に女性活用推進部署みたいなのができて社内外でもてはやされる。で、女性同士で盛り上がって、そこのシンボルみたいに出世する女性が出てきた。でも、会社の利益には直接的に貢献してなかったりすると、それはそれでどうかと思うんだけど……。

――男性中心の「飲みニュケーション」などで物事が決まることはありますか?

【銀行】昔は飲み会は必須だったけど、今はそれほどでもないな。飲みが好きな人は好きな人同士行っているけれど、そこで物事が決まるというほどではない。

男中心といえば、飲み会よりも喫煙ルームでの「タバコ会議」みたいなものはやっぱりありますね。上司がタバコ吸う人だと、大事な話とか「ちょっと行こう」って喫煙ルームへ。担当じゃない人もいるし、関係者が全員いないのに、密室で話が決まる。僕はタバコ一切吸わないから、男でも気分はよくないし、本当にそれでいいのかと思う。

【商社】昔は飲み会って、上司に誘われたら必ず行かなきゃいけないものだったみたいだけど、それってやっぱり昭和カルチャーだよね。特にうちは共働きだし、突然、妻との夕食をキャンセルすると家庭崩壊のもと。部下との飲みでも「事前にアポ入れて」ほしいと、イマドキの部下はみな思ってますよ。でもなかなか「うちにご飯があるから帰る」とは言えない。ちょっとだけいいじゃんって上司に言われて、最終的には2回ご飯食べる(笑)。

【銀行】飲みがコミュニケーションと思っている上司は飲み会をやるし、自分が若い頃無理に誘われてイヤだったし、今はパワハラになりそうで誘わないという上司もいる。

でも、個人的にはたまには必要かなと思います。今は市況も厳しくて、プライベートな話をする機会も時間もないし、支店で談笑してるだけでお客さんに怒られることもあるから。でも、会社って1日の大半を過ごすところなので、あまりにドライな環境だと辛いでしょう。

――叱るとか、部下を育てるといった姿勢に関してはどうでしょうか?

【メーカー】基本、女性は叱られませんね。なあなあで。そこもまた問題なんですけれど。駄目なところはちゃんと言ってくれないと、伸びないこともあるから。

【商社】25歳ぐらいの女性が異動してきたとき、本部長に相談されましたね。「この『小娘』どうしようか」って。上は腫れものに触るようにしていました。

相手が女性に限らずだけど、そもそも叱る上司っていなくなったね。叱らない、管理もしない、部下も育てない。むしろ「なめられてる」くらいの感じ。飲みに誘われると、「この人、家庭に居場所がなくて、帰りたくないんだろうな」って気の毒になっちゃう。

【メーカー】そうそう。平気で僕らを待ってたりするんだよね。あっちの仕事が終わってるのに30分ぐらい待たせてると、まあ行ってあげないと可哀そうかなって。

【銀行】でも酔って昔の「武勇伝」は勘弁してほしいよ。バブル時代に社有車に女乗せてドライブとか、何十人も囲っていたとか。出張先ごとに愛人が3人とか。

【証券】それって、かなり誇張していませんか? 出張先のスナックのママにちょっと親切にされたぐらいでは?(笑)。

【商社】自慢話は女系と、あとはお金ですね。税金対策で経費が月100万で、使い切らないと怒られたとか。

【メーカー】内定を山のようにもらって断ったら、コーヒーかけられたとか。昭和くさい! 昭和の匂いがプンプンするよ。

【銀行】僕らより下の世代になると、もうそんな話、聞いてもくれないでしょうね。

でも自分よりも下の世代がまともに育ってないのには、かなり危機感を感じています。僕らの世代は不況でろくに人を採用してないから、支店ですぐ下の世代となるともう20代。基本的なリテールや融資のことを学ばないまま目先の仕事だけこなしてきてる。仕事が増えてるのに残業は減らす方向だし、数字は出さなきゃいけないし、自分の時間削っても部下を育てようという上司はいないよね。でも、何も教えないで「こんなこともできないのか」と言われても若手も困るよ。

【メーカー】うちの部長は営業として優秀なことは確か。でも、だから下も「できて当たり前」と思ってる。できない部下の気持ちが理解できないから下は育たない。管理職としては本当にダメダメです。

――逆に、よい上司、尊敬できる上司とはどんなイメージでしょう。

【銀行】決断が早くて、指示が明確。必要だなと思ったらパッと上に電話してくれたり、一緒に行ってやるよと動いてくれたり、部下のモチベーションを上げる。過去にそういう上司はいましたね。

【証券】部下をちゃんと見る女性上司がいてくれたら。うちは出産すると派遣社員みたいな仕事しか回ってこなくなる。キャリアの先が見えないから、同期の女性もどんどん辞めていってしまった。

【商社】問題があったときに、一緒に行ってくれるか、くれないかは大きいよね。問題から逃げず、ずるくない人。

【証券】でも結局そういう「いい人」ってあんまり出世しなくない?

【メーカー】確かにうちは尊敬できる人ほど辞めちゃったりするね。部下じゃなくて、上だけ見てる人が残るし、出世する。

【商社】日本の会社って結局、共産主義なんだよ。会社としての利益より、上が言うこと、波風立てないことが重要。

オレ、最近家買ったの。そうしたら、保身上司たちの気持ちがすごくよくわかったよ。ローン組んで、妻は子供ができたら仕事辞めたがってるし、専業主婦にでもなられたら、絶対会社辞められないもん。「忠犬ハチ公」にでもなんでもなってやろうって、そのときは思った。でも2日で「やっぱり無理だ」って思ってやめたけどね(笑)。

日本でドラッカーの本が売れるわけがよくわかった。日本には「マネジメント」の専門職もいないし、知識を得る機会も少ない。「管理する」言葉や「部下のモチベーションを上げる」言葉を持つ人がいないのだ。管理職になっている人のほとんどはいわゆるプレーイングマネジャー。実務はできるが、マネジメント能力が高い人はあまりいないようだ。

外資系企業を取材したときに、「外資ではマネジメントはマネジメントとしてのプロ。部下の業績をあげることがその人の手柄」というコメントが出たが、日本ではまだ「マネジメント」と「プレーヤー」をわけるキャリアは難しいのか。変化の激しい今、「責任をとらない」「部下を育てない」「管理しない」「ビジョンを示さない」「問題解決能力がない」の「ないない」上司を嘆く人が非常に多い。

それでも「できるプレーヤー」なら、まだ会社に貢献している。問題なのは、既得権にしがみつき、変化を嫌がる「昭和上司」。彼らが現場を疲弊させ、若手を混乱させる元凶である気がする。

(ジャーナリスト 白河桃子=インタビュー、構成)