ウールの国際コンテスト DRESSEDUNDRESSEDなど最終6組の作品公開

写真拡大

 ザ・ウールマーク・カンパニーによるデザインコンテスト「INTERNATIONAL WOOL PRIZE(インターナショナル・ウールマーク・プライズ / IWP)」の最終審査が、ロンドン・ファッション・ウィーク期間中の2月16日に開催される。これに先駆けて、6組のファイナリストによる作品のファーストルックが公開。日本からは、デザイナー北澤武志と佐藤絵美子による「DRESSEDUNDRESSED(ドレスドアンドレスド)」が選出されている。

ウールコンテスト最終6組の作品の画像を拡大

 「インターナショナル・ウールマーク・プライズ」は旧IWS国際羊毛事務局が1953年に創設した若手デザイナーのためのウールのデザイン・コンテストで、当時無名だったYves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)とKarl Lagerfeld(カール・ラガーフェルド)を発掘したことでも知られている。再び開催が決定した今回の最優秀者に与えられる賞金は10万豪州ドル(約965万円)。さらに米国のバーグドルフ・グッドマン、英国のハーベイ・ニコルズ、イタリアの 10・コルソ・コモ、ドイツのアイクホフ、オーストラリアのディビッド・ジョーンズ、中国のジョイスといった有力ファッション小売店による買い付けにより、今秋の店頭展開の機会が与えられる。

 ファイナリストに選出されたのは、クリスチャン・ワイナンツ(ベルギー)、ソフィー・テアレット(米国)、ディオン・リー(オーストラリア)、DRESSEDUNDRESSED(北澤武志・佐藤絵美子)(日本)、パンカジ&ニディ(インド)、そして斑暁雪(中国)の計6ブランド。国際審査員には、Diane von Furstenberg(ダイアン・フォン・ファステンバーグ)、Donatella Versace(ドナテッラ・ヴェルサーチ)、Tim Blanks(ティム・ブランクス / Style.com編集長)、Franca Sozzani(フランカ・ソッツァーニ / ヴォーグ・イタリア編集長)、Victoria Beckham(ヴィクトリア・ベッカム)といった豪華な顔ぶれがそろう。ロンドンで開催される最終審査では、先駆けて公開されたファーストルックを含む各ブランド6スタイルのカプセルコレクションをショー形式で発表し、最優秀者が決定する。


■【映像・画像】DRESSEDUNDRESSED 最新コレクション
 http://www.fashionsnap.com/collection/dressedundressed/2013ss/