投資情報会社・フィスコ(担当・村瀬智一氏)が、株式市場の1月28日〜2月1日の動きを振り返りつつ、2月4日〜2月8日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は上昇。2010年4月30日以来の11000円を回復して始まった日経平均は、その後利益確定の流れに向かう局面もみられたが、強力な押し目買い意欲が強く、再び上昇基調が強まった。週末には一時11237.84円まで上げ幅を広げており、2010年4月5日につけた11408.17円に接近している。

 為替市場ではドル・円が1ドル92円台に、ユーロ・円は1ユーロ125円台に突入するなど、円が主要通貨に対して全面安となるなか、海外勢による日本株買いの流れが継続した。また、主要企業の決算がピークを迎えるなか、通期予想を下方修正したファナック<6954>の急落により、慎重姿勢が強まるかにみえた。

 しかし、同様に下方修正を発表したコマツ<6301>が押し目買いから切り返すなど、ネガティブな決算に対しても悪材料出尽くしとの見方に。一方、好決算企業に対しても材料出尽くしとはならず、評価買いから一段高をみせる動きがみられた。

 週明けの東京市場は1日に発表された1月の雇用統計の結果を受けた米国市場の影響を受けることになるが、翌週2月13〜14日に日銀金融政策決定会合、15〜16日のG20財務大臣・中央銀行総裁会合や、17日の週に予定されている日米首脳会談が控えるなか、イベントを控えた小康状態の週になる可能性。

 また、主要企業の決算発表が続くが、今週のトヨタ<7203>、ソニー<6758>の決算で一巡感も意識されそうである。海外勢の資金流入は続くとみられるが、インデックスに絡んだ主要銘柄が中心である。決算発表を受けた株価変動も主要銘柄が中心であり、決算を手掛かりとした物色としても個別対応となり、全体相場への波及は限られそうだ。また、日経平均もテクニカル面での過熱感も意識されるなか、一服感が漂う可能性があるとみておきたい。

 もっとも円安トレンドが続くなか、過度な弱気は禁物であろう。海外勢の動向をみても、野村証券が実施したキャラバン隊では、依然としてアンダーウエイトの投資家が多い印象と。グローバルファンドについては、直近の急激な上昇と政策が変化しそうな状況を見て、持たざるリスクを認識し始めているようである。メリルリンチによる欧州訪問でも、日本株に対する投資姿勢が変化してきているが、懐疑的な段階であるなど、引き続き日本株への資金流入の可能性が大きいだろう。

 また、個人の需給状況も良好である。信用取引の評価損益率は1月25日申し込み時点でプラス3.68%と2006年1月以来、7年ぶりにプラスとなっている。決算のほか、相対的な出遅れ感などを手掛かりとした循環物色は活発化しよう。

 そのほか、今週にはDeNA<2432>、カプコン<9697>、スクウェア・エニックス<9684>などゲームセクターの決算が予定されている。足元で調整が続いているDeNAなどが底入れをみせるようだと、SNSゲーム関連などのテーマ物色につながる可能性がありそうだ。