釣りがテーマ クリスチャン・ルブタンの春夏広告

写真拡大

 「Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)」が、2013年春夏コレクションのヴィジュアルイメージを公開した。テーマは釣り。前回に引き続き、フォトグラファーのPeter Lippmann(ピーター・リップマン)が撮影した。

ルブタンの2013年春夏はテーマは「釣り」の画像を拡大

 「Christian Louboutin」のヴィジュアルイメージのタイトルは「Let's Go Fishing Loubi Style」。レッドソールの新作コレクションやクラッチバッグの先端に鈎をつけ、ゴージャスな釣り竿に仕上げた。なかには裸の男性を吊るしたカットもあり、「Christian Louboutin」ならではのユーモアと遊び心を反映させた作品に仕上がっている。

 「Christian Louboutin」は、2012年に創立20周年を迎えたことから、前回の秋冬シーズンには新作コレクションをフランスの歴史的なモニュメントとして表現した広告を発表し話題を集めた。日本では店舗展開を拡大しており、「伊勢丹新宿店」ではポップアップストアを出店した1週間で1000足が売れるなど人気を集めている。