●小さな恋、咲いちゃった

(画像:「たまこまーけっと」公式Webサイトより)
©京都アニメーション/うさぎ山商店街

TVアニメ「たまこまーけっと」がTOKYOMXテレビその他で放送されています。

●キャスト
北白川たまこ:洲崎綾
常盤みどり:金子有希
牧野かんな:長妻樹里
鳥(デラ・モチマッヅィ):山崎たくみ
北白川あんこ:日高里菜
大路もち蔵:田丸篤志
朝霧史織:山下百合恵
北白川豆大:藤原啓治
北白川福:西村知道
大路吾平:立木文彦
大路道子:雪野五月
花瀬かおる:小野大輔
八百比邦夫:辻谷耕史
湯本長治:津久井教生
満村文子:渡辺久美子
常盤信彦:家中宏
魚谷隆、八木先生:成田剣
魚谷真理:日笠陽子
清水富雄:川原慶久
白木忠直:野坂尚也
王子:下野紘
お付き:山岡ゆり

●ストーリー
とある場所にある「うさぎ山商店街」。商店街にあるもち屋の娘である北白川たまこは、商店街の人々に愛され、感謝しながら毎日幸せな日々を送っていた。 大晦日が間近に迫った年末に彼女は、言葉を話す鳥と出会う。たまこにとって、いつもより少し不思議な1年が始まる。
●雛祭り
あれは北白川あんこが3歳の頃、まだ彼女の母が御存命の頃の雛祭り。子供の頃の彼女には着物は少々窮屈なようでしたが、

北白川ひなこ(母)「こんなに可愛いのに、あんこ姫!」

あれから数年後、北白川あんこも小学5年生。家には喋る鳥が住みつく以外はさしたる変化は無し。いえ、彼女の母はもういませんが…。
●かしわ餅症候群
北白川たまこは鳥が大好き。そして事あるごとに彼にかしわ餅を与え続け、鳥もそれを拒否しないで食べ続けます。その結果、

鳥、太ります!

呆れる北白川あんこ。それはさておき、外では祭囃子が聴こえます。浮かれる鳥ですが、

鳥、太り過ぎで動けません!
●あんこ、恋心。
鳥、太り過ぎのため胃腸薬を飲みます。そのうえ、

鳥「私は飼われているのではない。娘に頼まれたから滞在してやっているのだ!」

※相変わらず横柄な鳥です。

北白川あんこは姉のたまことうさぎ山商店街を通ると、毎度の如くお土産を頂いてしまいます。そんな彼女は「あんこ」という名前が気に入らないようで「あん」と呼んで欲しいみたいです。そして気になる彼が目の前を通り過ぎます。

その彼とはユズキ君。今度の日曜日はそんな彼等と博物館へ行く日ですが、餅屋にとっては書き入れ時。彼女も家の手伝いで動けそうにありません。

しかしながら祖父の北白川福が、

北白川福「あんこが早起きして午後の分まで片付いたら出掛けても良いよ!」

孫娘に対して理解のある北白川福、あんこは喜びます。
●ハッピー餅!
餅屋の手伝い、あんこは姉・たまこやその友達の朝霧史織まで駆り出して頑張ります。

あんこ「ハッピー餅!」

ハッピ型の餅という駄洒落ですけど、限定20個販売。

一方、祭の神輿ですが頂上の鳳凰が壊れてしまいます。そこで困っているところに鳥がやってきて…。

白木 忠直「捕まえる!」

鳥、追いかけられます!それはもちろん…。

鳥に金色のペンキを塗って鳳凰代わりにする!

※鳥、御愁傷様です…。
●あんこ、引き籠り。
結局、あんこはスズキ君との博物館への約束を果たせなかったものの、彼女なりに良い事もあったようです。

そして家で餅の売り子をしているところを憧れのスズキ君に見られてしまい、恥ずかしさのあまり引き籠るあんこ。

そこで牧野かんなや常盤みどりが箪笥に引き籠っているあんこを招き出そうとしますが上手くいかず。

しかし、憧れのスズキ君があんこにお土産を持参すると、天の岩戸の天照大神の如く、彼女は姿を現します。

※スズキ君が彼女の意中の彼という事をかんなやみどりは認識していなかったようです。

北白川あんこ、彼女の恋は今後どのように進展するのでしょうか?

「たまこまーけっと」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「たまこまーけっと」第3話「なかなか言えないありがとう」(ネタばれ注意)
【アニメ】「たまこまーけっと」第2話「ラブラブハート餅」(ネタばれ注意)
【アニメ】「たまこまーけっと」第1話「しゃべる鳥」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「たまこまーけっと」TVアニメ公式Webサイト