盛岡名物わんこそば。岩手のおもてなしキャラクター「わんこ兄弟」がJR盛岡駅のあちこちでお出迎え。

写真拡大

■勉強しかしていない凡人

岩手県立花巻北高校2年生の佐々木姫佳さん。昨年11月の取材時は、まだ具体的にやってみたい仕事の名前は挙がらなかった。取材から2カ月後、「その後、具体的に『将来就こうと思う職業』は浮かびましたか」とメールを送ると、佐々木さんは「すみません。明確に答えることができません」と前置きし、こう返事をくれた。

「職種を今ひとつに決めたとして、ほんとうにその職業を続けていけるのか不安だし、一生その仕事に従事していくってまだ想像できなくて。甘いのはわかってるんですが」

佐々木さんは社会に出るまでの間に、どんなことを手に入れる必要があると思いますか。

「商業高校とかと比べて、普通校ってあまり資格って取れないんですよ。だから社会に出たときに、何もしてない、勉強しかしていない凡人でしかなくて……。それが負い目になるのが嫌なので、高校のうちか大学のうちに、資格はいっぱい取りたいと思ってます。国際的に働ける人になりたいんで、英検だけじゃなくてTOEICとかも取りたいなと思ってるし。やっぱり経済だったら簿記とかも取っておいたほうがいいのかなって思うし。あと、大学に行ったら、やっぱり留学したいと思います。留学が盛んな学校は国立よりも私立のほうが多いんですけど、費用とか考えたら国立かなとか思っています」

佐々木さんのお父さんは明治乳業の系列会社で働く。お母さんは元音楽教師で現在は主婦。中2の弟がひとりいる。取材時には具体的な大学名がまだ浮かんでいなかった佐々木さんだが、取材後のメールで横浜国立大学経営学部の名が届いている。

「東北は絶対出たいんですよ。中学のときに、漠然と『東北を出る』って自分の頭にあって。だから大学とか考えるときも、東北の大学はぜんぜん頭にないですし、就職先も首都圏のほうに行きたい。やっぱり中心地にいた方が最先端、最新の情報とかに触れられるし。やっぱり東北にいると狭いっていうか、広がらないかな、と思います。別に東北が嫌いとかというんじゃないんです。帰って来るところとしてはすごくいいと思うんです」

先ほど「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」で出合った3年生の「経営を学びたい」ということばが、佐々木さんに大事な影響を与えたことを書いた。合州国での3週間、ほかにはどんな影響があったのだろうか。

「なんかすごい、視野が広がった。実際あっちに行って帰って来たときに、すごいプログラムに行ってきたんだって自分の自信にもなって。この体験自体が自分の中で、すごくおっきい可能性になっていて。アメリカに3週間もいて、いろんな人の話も聞いて、日本にいた時にはやれなかったことでも、この300人ならできるとか思ったし」

佐々木さんにとって、合州国での体験は「進路選択のきっかけ」になっただけではない。

「内陸に住んでると、被災地の高校生と接する機会もぜんぜんなかったんですけど、同じ年代の子たちに出合って——チームの中にも何人かいたんですけど、家が津波で全部なくなっちゃってという人がいて。そういうことって内陸でふだん生活していると聞けないし。チームの中で『日本に帰ったら何がしたい』っていう話をしてたんですけど、そのときにひとりの子が、『日本に帰ったら新しいうちができてるから、それがすごい楽しみだ』って言ってて。わたしにはない感情をこの子は持ってるんだなとか、この子にはどんな辛いことがあったんだろうとか考えて。そういうことって3週間一緒にいないとわかんない。内陸だと、あんまり直接的な被害を受けてないから、周りにもそういう友だちとか少なくて。あの3週間は、内陸の高校生にはすごいプラスだったと思います。2週間じゃ足りなかったと思います」

300人は多すぎた——ということはありませんでしたか。

「もし10人だったら、3週間の中でもう慣れちゃって、ぜんぶわかった気になって、飽きてくるかもしれない。300人いるからこそ、今もずっとつながってるというか、つながりが消えにくいというか。行く前、みんな2年生だと思い込んでて、上の学年、先輩がいるって思ってなくて。1年生もいて、それもすごく良かったです。他学年とも話ができて、『みんなちゃんと考えてるんだな』とわかって。300人いたからこそ、いろんな経験してる人がいるわけで。そのことを知ることができて、ほんとうに良かったって思います。被災地のこととか、ぜんぜんわからなかったから」

現地ではいろんな仕事をしている大人に会って話を聞いていますね。その感想も聞かせてください。

「大人も意外とちゃんと考えてるんだなと思いました。なんでこんなに仕事に対してじょうずに語れるんだろう……と思って」

今まで、そうやって話してくれる大人はいませんでしたか。

「聞いても、あんまり話してくれないんじゃないかと思ってました。でも、アメリカから帰って来て、大人に質問すればちゃんとした答えが返ってくるんだと思うようになりました。大人ってクールな感じで、なんかスッと仕事してるじゃないですか。だから、あんなに自分の仕事に対して話せるのもビックリしたし。自分もそうやって話せるような人間になれたらいいなと思います。働くようになって、自分の仕事を、それこそ高校生に話すとか」

「それこそ高校生に話すとか」は、「TOMODACHI〜」参加者のあいだで少しかたちを変えて、帰国後に盛岡で現実の行動として現れる。最後に登場するのは、そのきっかけとなった高校生だ。「TOMODACHI〜」からの帰国後、彼が父親と話したことがきっかけになって、盛岡では新しい動きが始まっている。

■塾経営を考えた2人の高校生

熊谷祐弥(くまがい・まさや)さんは岩手県立盛岡北高等学校3年生(文系コース)。

「北高は盛岡第五になる予定だったんですけど、5って数字付けちゃうと、なんか学力が最後のほうみたいな印象を持たれて人が集まらないから名前を変えた……というふうに聞きました。一応ナンバースクールに入ってると自負しています(笑)」

熊谷さんは何屋になりたいんですか。

「『TOMODACHI〜』に参加するまで、何になりたいというのが、あんまりなくて。それを見つけたいと思って参加したんですけど、その結果2つ考えました。ひとつが、JTBとか、そういう旅行する会社に勤める。もうひとつは、何か発明とか商品を開発するような企業を立てる」

ひとつずつ聞いていきましょう。「JTBとか」は、人が旅行するのをお手伝いする仕事という理解で合ってますか。

「はい」

発明もしくは商品開発をする会社は、もう少し具体的に業務の内容をいうと、どういう仕事をする会社になりますか。

「たとえばちょっとした発想で大ヒットするような商品とかあるじゃないですか、そういうものを開発して、なんでも手をつけて売り出してみたい。正直みんなにはバカにされるんですけど、学校でいつも、たとえばペンとかを見ていて『こういうふうにしたら使いやすいんじゃないか』とか考えたりするんです。あとは塾とかを『こういうふうに経営したら人も呼べて、いっぱいお金を稼げるんじゃないか』とか」

熊谷さんの塾経営の話は具体的だった。

「大学時代にちょっと小さめの塾を作って、自分の知り合い——たとえば日本史得意な人とか数学得意な人とかを少人数集めて、最初は少人数の中学生を集めて、中学生の中間テストなら、ピンポイントで教えるだけで点を取らせることができると思うんで、それで評判を呼んで、ちょっとずつ大きくしてって。塾経営で成功したいというのはあるけれど、塾は経営を学ぶステップの最初として考えて、成功したら後輩にその職を任せて、自分はほかの仕事就いたりとかしたいなと。こういう、ちょっといろいろ妄想みたいな発想をしてるから……」

熊谷さんは「妄想みたいな」と言ったが、聞いたこちらはまったくそう思わなかった。前例を知っていたからだ。1973(昭和48)年、久留米附属大学附設高校(福岡県)の1年生だった孫正義は、中学時代の担任教師を呼び出し、こんな提案をしている。

《「実は僕は、いまから学習塾を経営したいと思ってるんです。これが僕の考えた塾のカリキュラムです。どう思いますか?」(中略)「僕はまだ高校生なので、経営の表に出ることはできません。そこで、先生に頼みがあります。先生、塾の責任者をやっていただけませんか?」——『あんぽん』[佐野眞一著/小学館/2012年刊]p.81)》

この「前例」のことを話すと、「孫正義さんの経歴のことは、正直アメリカに行ったことがあるくらいしか知らなかった」という熊谷さんは、かなり驚いた。熊谷さん、今の話を孫正義が聞いたら「ほうらそうでしょ、塾って経営したいでしょ」と、ニヤリとすると思いますよ。さて、熊谷さん、仮に将来起業家になるとします。何が熊谷さんに必要ですか。

「人脈と、あと発想力が必要だと思います」

学校の話ではなく、そういう話から来ましたね。なぜ、発想力なんですか。

「テレビで、元プロ野球選手の人が全国の建物の床をつくる会社の社長をやっているというのを見たんです。プロ野球辞めて、商業とかの本を10冊読んで、どの建物にもぜったい床が必要で、その中で一番を取れたら確実に金儲けができるって考えて、今、大成功してるという。そういう発想力があれば大成功も望める。だから発想力が必要だと思うんです」

1964(昭和39)年生まれ、大阪市立高卒、大阪ガスを経て1989(平成元)年に巨人にドラフト2位入団、近鉄を経て1997(平成9)年に引退した松谷竜二郎のことだ。現役通算7年、59試合に登板し4勝4敗1セーブ。彼が率いるスチールエンジは、大手ゼネコンから建築物の床版の工事を請け負う業界有数の専門企業。東京・丸の内のパレスホテルや大阪駅前のヨドバシカメラの床も同社が担当した。岩手でも2011年2月に、いわて花巻空港の旅客ターミナル増設工事を担当している。

熊谷さん、実業家になったときには、どこに住んでいますか。

「どこでもいいんですけど、家は盛岡に持ちたいと思っていて。仕事をするためにせわしなく全国を回るようなのが理想かな」

たとえば実業家になって、法人を自分でつくったとします。本社の登記は盛岡市でしょうか。

「どうだろう。でも、たぶんそうなると思います」

人脈を得るためには、人数の多い東京で——という発想もあると思いますが。この問いに「確かにそうかもしれないんですけど」と前置きして、熊谷さんは盛岡発祥のレストランチェーンの名を挙げた。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)