新しい属のサルの化石を発見

ざっくり言うと

  • 神奈川県内で見つかったサルの化石が新しい属のサルであることがわかった
  • 京大霊長類研究所の西村剛准教授のグループの研究による
  • 西村准教授はこのサルを「カナガワピテクス(神奈川のサル)」と命名

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング