韓国で納税を避けるため偽装離婚

ざっくり言うと

  • 資産家Hは夫人と離婚後、慰謝料名目で夫人に計200億ウォンの資産を分与
  • 納税の督促には「慰謝料として与えた財産を差し押さえるのは不当」と訴訟
  • 裁判所は「偽装離婚が認められる」と判決し、ソウル市はH夫婦を告発

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング