男性の最低バレンタイン -「自分以外もらってた」「イタズラで激辛チョコ」

写真拡大

バレンタインが近づき、チョコレートがデパートやコンビニに置かれはじめるこの季節。

今年はチョコをいくつもらえるだろう……そんなことが気になったりして、なんだか落ち着かないという男性もいるのでは? 今回はマイナビニュース会員のうち独身男性300名に、「自分史上最低のバレンタイン」について聞いてみた。

Q.自分史上最低のバレンタインを教えてください。

いつの、どんなバレンタインでしたか?■誰にももらえなかった・「学生時代、女子の誰かはくれるだろうと学校に残っていたら校舎にいるのが自分だけになっていた」(30歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)・「3人で友達の家で遊んでたら、自分以外の2人に女の子がチョコを渡しに来ていた」(26歳男性/情報・IT/事務系専門職)■周りにからかわれた・「嫌いな子にもらってやんや言われた」(26歳男性/医療・福祉/専門職)・「小学校の時、ブス四天王と言われた人から告白されて周りにからかわれまくった」(27歳男性/情報・IT/技術職)■悪いいたずら・「小学生のときにイタズラで机に激辛チョコを入れられた」(31歳男性/運輸・倉庫/営業職)・「小学校の時、学校に行ったら机の上に瓶があって、誰からか分からないが個別包装のチョコが入っていた……次の日、それは同級生の男がイタズラで置いていた事を知り腹が立った」(26歳男性/不動産/その他)■恥ずかしすぎて・「中学1年のとき、声をかけられたが恥ずかしくて逃げまくった」(35歳男性/情報・IT/技術職)・「小学生時代にクラスメイトから渡されたが、恥ずかしくて受け取れず、その後クラスの他の女子たちに怒られた」(23歳男性/情報・IT/技術職)■義理チョコの思い出・「パートのおばちゃんたちだけに盛大に祝われた」(25歳男性/電機/技術職)・「チロルチョコをギャグでもらったこと」(28歳男性/運輸・倉庫/技術職)・「中学校の時、義理チョコを配っていた女子がいたのだが、カッコつけて拒否したら周りの女子に散々悪口を言われた」(31歳男性/その他/その他)■誰からのチョコか分からず・「机にチョコがあったけど、誰が置いたのかわからなくて触れなかった」(24歳男性/建設・土木/技術職)・「小学生の時にもらったが、名前が無かったので誰からもらったか分からなかったこと」(30歳男性/小売店/販売職・サービス系)■自分宛てではなかった・「自分ではない人の名前が入ったチョコをもらった」(28歳男性/商社・卸/事務系専門職)■その他・「病気で寝ていてが、お見舞いの電話等一切なし」(45歳男性/アパレル・繊維/事務系専門職)・「中学の時に女の子が家まできて、姉がかわりに受け取ったこと」(24歳男性/食品・飲料/営業職)・「大学生の時、恋人から別れの言葉を言われた」(28歳男性/建設・土木/営業職)■総評男性が経験した史上最低のバレンタイン、そのなかで最も多かったのは「誰にもチョコをもらえなかった」というものだった。

口では「バレンタインに興味はない」なんて言っていても、実際誰からももらえないというのは結構ショックなのかもしれない。

「母親からしかもらえなかった」という人も多かったが、1つももらえないよりはマシ……とはいえ、なんとも複雑な心境のようだ。

「自分宛てではないチョコをもらってしまった」という男性も意外と多く驚いた。

これは学生時代、女子がげた箱などを間違えてしまったのが原因らしい。

ウキウキしながらチョコを持ち帰ったのに、よく見てみたら宛名が自分ではなかった……笑えるようで笑えない話だ。

女性の皆さんは、げた箱や机、ロッカーを決して間違えないように注意しよう。

女性編のアンケートでは「チョコを受け取ってもらえず最悪だった」という意見があがっていたが、それに対して男性編では「恥ずかしくて受け取れなかった」ことを後悔する声が寄せられている。

周りからちゃかされるのが恥ずかしかったり、照れ屋すぎて素直になれなかったりする男性もいるようだ。

なんとも甘酸っぱい思い出だが、どう考えてももったいなさ過ぎる。

他には「チョコをもらいすぎて食べきれなかった」「集団で1つのチョコを渡されお返しが大変だった」というモテるがゆえの悩みや、「バレンタイン当日に彼女から別れを告げられた」人、「もらえないのが当たり前なので最高も最低もない」という回答が寄せられている。

何が起きるか分からないのがバレンタイン。

あなたは今年、どんな一日を過ごすだろう。

調査時期: 2013年1月23日〜2013年1月27日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 男性300名調査方法: インターネットログイン式アンケート