DJ DARUMAの新レーベル「インクジェット マフィア」原宿に限定ストア出店

写真拡大

 DJユニット「DEXPISTOLS(デックスピストルズ)」のDJ DARUMAが新たにスタートした新レーベル「INKJET MAFIA(インクジェット マフィア)」が、デビューコレクションを披露するポップアップストアを「NUBIAN 原宿」に出店した。これを記念して、初日の2月1日にオープニングパーティーを開催。DJ DARUMAは2010年末まで「ROC STAR(ロックスター)」のデザイナー兼ディレクターを務めていた他、2011年からはTシャツレーベル「CREPEMAN(クレープマン)」のフロントマンとしても活躍するなど、ヒップホップカルチャーにインスピレーションを得た独自のファッション感覚を広く発信している。

DJ DARUMAの新レーベル始動の画像を拡大

 2013年元旦に販売を開始した「INKJET MAFIA」は、インクジェットプリントの技術と洋服を結び付けたコレクションを展開。トップスを中心にタンクトップやTシャツ、パーカーを揃え、価格は13,440〜24,990円。2ヶ月に1度のペースで新作を発表する計画で、全国13〜14店のセレクトショップなどで順次取り扱いを開始している。初のポップアップストアは裏原宿に位置する「NUBIAN 原宿」の2階フロアに開き、「INKJET MAFIA」の販売をはじめ、レーベルのアートワークを手がける女性アーティストMAIが鉛筆や木炭で制作したしたドローイング作品約50点も展示・販売。オープニングパーティーに出席したDJ DARUMAは、新レーベルについて「ブラックカラーをベースに、インクジェットの良さが映えるグラフィックでデザインしている」とコメント。「CREPEMAN」は10〜20代を中心に人気を得ているというが、「自分が年齢を重ねてファッションの好みに変化が出てきた。『INKJET MAFIA』は価格を『CREPEMAN』の約3〜4倍に設定し、よりファッションに敏感な大人の層に向けて訴求していきたい」と話した。ポップアップストアの期間は2月17日まで。

 1975年に東京で生まれたDJ DARUMAは、「ROC STAR」や「CREPEMAN」に続く自身3つ目のファッションレーベルとして「INKJET MAFIA」を立ち上げた。一方で、DJ MAARと共にDEXPISTOLSとしても積極的な音楽活動を行なっており、デザイナーTAKESHI OSUMI(オオスミ タケシ)による「PHENOMENON(フェノメノン)」の2013年春夏コレクションでは、巨大なスピーカーが設置されたランウェイでショーの音楽を演出した。

■INKJET MAFIA ポップアップストア
 会期:2013年2月1日(金)〜17日(日)
 会場:NUBIAN 原宿
 住所:東京都渋谷区神宮前3-21-7
 TEL:03-6447-0207
 http://inkjetmafia.tumblr.com/