トータル17アンダーまでスコアを伸ばし単独首位をキープ(Photo by Hunter MartinGetty Images)

写真拡大

<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 2日目◇1日◇TPCスコッツデール(7,216ヤード・パー71)>
 米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」の2日目。この日はサスペンデッドとなっていた第1ラウンドの続きと第2ラウンドを終了。初日11アンダー単独首位のフィル・ミケルソン(米国)がトータル17アンダーまでスコアを伸ばし2位のビル・ハース(米国)に4打差をつけて単独首位をキープした。
石川遼、3戦連続予選落ち…次戦は欠場
 トータル12アンダーの3位タイにはキーガン・ブラッドリー(米国)、ブラント・スネデカー(米国)、トータル11アンダー5位タイにはアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)らがつけている。
 初日1オーバーと出遅れていた石川遼は、2バーディ・4ボギーの“73”でスコアを2つ落としトータル3オーバーでフィニッシュ。121位タイで今季開幕から3戦連続予選落ちとなった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【コラム】だからこそ、マネジメントは重要なんだ
【コラム】石川遼の本当のライバルとは?
最新の賞金ランキング