英語にも対応

写真拡大

クリプトン・フューチャー・メディア(札幌市)は2013年2月中旬、音声合成エンジン「VOCALOID(ボーカロイド)3」(ヤマハ)を採用した、音楽制作用の歌うソフトウエア「KAITO(カイト)V3」を発売する。価格はオープンだが、直販価格は1万6800円。

音楽制作に必要なソフトウエア付き

2006年に開発された初代ボーカロイド「KAITO」をベースに、最新のボイスを加えて再開発した男性バーチャルシンガーだ。初代から成長したクリアでスムーズな発声が特長で、「低音から高音まで流ちょうに歌い上げる」という。

スタンダードで張りのある歌声「STRAIGHT(ストレート)」を中心に、柔らかな歌声「SOFT(ソフト)」、ささやく様な歌声「WHISPER(ウィスパー)」の合計3種類の日本語データベースを搭載するほか、英語での歌唱にも対応し、多彩な楽曲を歌いこなせるようにした。

また、ボーカルエディター「Piapro Studio(ピアプロスタジオ)」と音楽制作ワークステーション「Studio One 2.5 Artist/Piapro Edition」のほか、200種類以上の楽器を収録した「PreSonus(プリソーナス)ソフト音源」が付いており、「KAITO V3」だけで基本的な音楽制作ができるようになっている。