ズバリ教えて! 新婚旅行の相場ってどれくらい?

写真拡大

行く地域、日数によっても大きく異なりますが、気になってしまうのが世間の新婚旅行の相場ではないでしょうか。

そこで今回は、首都圏の新婚旅行の相場をご紹介します。

「自分たちの新婚旅行費用は高い?それとも安い?」と気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

■新婚旅行費用は、結婚にかかる経費の15パーセント前後。

ここ数年では、挙式や披露宴、結婚指輪代や新婚旅行のお土産代など、結婚にかかるもろもろの費用をすべてあわせると、450万円前後が一般的です。

そのうち、新婚旅行代は例年ほぼかわらず55万円ほど、おみやげ代は旅行費とは別に11万円ほどとなっています。

また、新婦の年齢が高いほど良いモノへの執着が強いため、費用は高くなる傾向にあります。

ただこれらは首都圏での相場なので、日本全域で考えると高めかもしれません。

結婚の形式は地域によって大きく異なりますから、自分たちの収入と照らし合わせて、無理のない金額を用意するようにしましょう。

■挙式も披露宴も行わないなら、お祝いは全額旅行費にあててもいい?予算的な問題、日程の問題などで、最近ではウェディングフォトだけですませるというカップルも増えてきています。

それでも新婚旅行には行きたいという場合は、旅行費用も通常より少し押さえ目にしたほうが良いでしょう。

結婚のお祝いをもらっているのなら、そのうちの少しを旅費に当て残りは今後の生活資金などのためにためるほうが無難です。

おみやげも高すぎないものを買うようにしましょう。

■現地でかかる出費を考慮しないと大変なことに…ツアー会社などに支払うお金はある程度予測できますが、現地で使うお金は自分たちの行動次第です。

欲しいものを何でも買い、おみやげを大量に買い込んでしまうと、予想以上に出費が大きくなってしまう可能性があります。

おみやげに関しては、あらかじめ誰にどれくらいのものを買うのかリストを作っておくと安心です。

自分たちのために使うお金も、限度額を決めておいたほうが良いでしょう。

■国内旅行なら、お手軽に安くすむ国内旅行なら、移動費でかなり金額が抑えられます。

両替やチップの心配も必要ありませんから、予想外の出費も少ないでしょう。

ただ、長期間で良いホテル、良い食事…ともなると、海外旅行よりも高くつくケースもありますから、買いすぎには注意です。

いかがでしたか?もし自分たちの新婚旅行がこれよりもかなり高くつくということであれば、一度プラン内容を見直してみるのもいいかもしれません。

もし予算が安くすめば、そのお金を別のところで利用することもできますよ。