バレンタイン、ご褒美チョコ・友チョコが増加! 愛を伝えるのは古い!?

写真拡大

インターネット調査会社のマクロミルは、全国の20〜49才の社会人(会社員、公務員)を対象に「〜働く男女の〜バレンタイン実態調査2013」を実施し結果を発表した。

調査期間は1月22日〜23日。

インターネットリサーチにて1,000名の有効回答数を得た。

全国の働く女性に、バレンタイン商品の購入予定があるかを尋ねたところ、83%の人が「購入予定がある」と回答。

内訳は、「チョコのみ」60%、「チョコ+プレゼント」21%、「プレゼントのみ」2%となった。

また、今年のバレンタインに掛ける予算の合計については平均4,758円となり、中でも「5,000円」と回答した人が93名と最多だった。

今年のバレンタインにチョコを購入する女性に、贈る相手について聞いたところ、最も多かったのが「恋人・夫(本命チョコ)」で64%、次いで2位が「会社の上司(義理チョコ)」で32%、3位が「親(ファミチョコ)」で30%となった。

20〜30代の結果を2009年の調査と比較すると、「会社の上司(義理チョコ)」は18ポイント、「会社の同僚・部下(義理チョコ)」は14ポイントと減少している一方、女友達への”友チョコ”が8ポイント、自分自身への”ご褒美チョコ”は12ポイント増加しており、バレンタインチョコが多様化してきていることがうかがえる結果となった。

「バレンタインはどんな日か」との質問では「日頃の感謝の気持ちを伝える日」(39%)が最も多く、「好きな人に愛を伝える日」は25%にとどまった。

”女性が好きな男性に、愛の告白としてチョコを贈る日”とされてきた日本のバレンタインは”感謝を伝える日”へと変化してきているようだという。