<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 2日目◇1日◇TPCスコッツデール(7,216ヤード・パー71)>
 米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」の2日目。この日はサスペンデッドとなっていた第1ラウンドの続きと第2ラウンドを実施。初日を1オーバー100位タイと出遅れた石川遼は、この日も2つスコアを落としトータル3オーバーでフィニッシュ。まだ第2ラウンドが進行中ながら、3週連続での予選落ちが確定的となった。
 10番からスタートした石川は15番パー5でボギーが先行するも、約2万人を収容するスタジアムホールの16番パー3でバーディを奪取。予選通過へ望みをつないで前半を折り返す。しかし、3番パー5でボギーを叩くと、5番、6番と連続ボギー。8番はバーディとしたものの巻き返しが必要だったこの日は“73”とスコアを落とし、ホールアウト時点で暫定123位タイまで後退した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【コラム】だからこそ、マネジメントは重要なんだ
【コラム】石川遼の本当のライバルとは?
最新の賞金ランキング