成都の古い街並みを再現した錦里は観光客に大人気

写真拡大

 中国内陸部にある世界ナンバーワンの都市を知っていますか?

 世界ナンバーワンといってもいろいろなランキングがありますが、ここで私が紹介するのは、米国の雑誌「フォーブス」で「今後10年世界でもっとも発展する都市のランキング」です(2011年のデータですが)。

 まずはランキングをご覧あれ。
===============
1位 Chengdu, China(成都)
2位 Chongqing, China(重慶)
3位 Ahmedabad, India(アフマダーバード)
4位 Santiago, Chile(サンティアゴ)
5位 Raleigh Durham, North Carolina, U.S.A.(ローリー・ダーラム)
6位 Tel Aviv, Israel(テルアビブ)
7位 Kuala Lumpur, Malaysia(クアラルンプール)
8位 Suzhou, China(蘇州)
9位 Hanoi, Vietnam(ハノイ)
10位 Chennai, India(チェンナイ)
==(米紙:フォーブス)====

 これはインフラ基盤、外資の投資、教育水準等々の指数を組み入れた世界ランキングですが、自分が住む都市が一番というのはやっぱり気持ちのいいものですね。

 私が成都で何をしているのか、なぜここに来たのかは、まあおいおいお話しすることにして、今回は私が「成功の都」と呼ぶ中国西南部の代表的な都市・成都を、「それどこですか?」という皆さまのためにちょっとご案内させていただきます。

 ここからしばらくは観光ガイド的な内容になりますが、ご勘弁を。

 まずは、成都のある四川省ですが、重慶を合わせると人口規模で1億2千万人強。省内の空港だけでも50幾つと、まさに日本がすっぽり1つ入ります。

 この四川省の省都である成都の人口が1300万人。成都は環状型つまりドーナツのような形をした都市で、主要環状である第三環状線内だけでも約800万人が暮らしています。その第三環状の直径が30キロメートル程度ですから、どれだけの人が街に密集しているんだ?ということです。日本に住んでいる皆さんには想像できない人口密集なわけです。

 さてこの四川省・成都ですが、この街に来てくれた友人には、事業投資の視点もからめてこんな風に紹介をしております。

1)中国の長い歴史の中で、数百年都市の名前が変わっていない街

 歴史の教科書で「長安」などいろいろな古い街の名前が出てきますが、今はそんな街はありません。中国は過去の皇帝、政権、戦争、体制の変動で街の名前がかなり変わります。

 名前が変わらないことが事業投資と何の関係があるのかと聞かれれば、とくに中国においては、投資を検討する際に政治的なリスクが大切な視点になります。その意味で、政情が安定していることは大切なのです。

2)政府が非常にスマートで、決定が早く行動力がある

 後でご紹介しますが、私が身を置く「邱永漢集団」という事業集団がここ成都に第一期の外資投資として入ったのが1990年あたりです。まだ経済発展の初期段階にあり、どの外資も投資に腰が引けていた時代に、著名人である私のお師匠、邱永漢を外資の先鞭とするために、四川省副省長(中国では“副”がついているタイトルの人が実権を握る)が部下十数名を引き連れて北京に接見に来るなど、他の地方のお役人には見られない腰の軽さと聡明さを兼ね備えた政府と見てよいでしょう。

 日本と同じくらいの規模の政府トップとその部下十数人が、あなたに会うためにわざわざ飛行機に乗ってやって来て無下に断れますか? これはこれで見事なやり方だと思いますけど。

 中国では地方政府の聡明さがその地域の発展に大きく影響しますから、聡明な政府というのはやはり投資上大切な視点です。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)