東京都品川区で、ルーヴル美術館の古代ギリシア美術展が開催

写真拡大

ルーヴル美術館と大日本印刷(DNP)は、2月1日から9月1日まで、古代ギリシア美術に焦点をあてた第10回展を、「ルーヴル- DNPミュージアムラボ」(東京都品川区西五反田3-5-20DNP五反田ビル1F)で開催する。

閲覧は無料(要予約)。

同展では、ルーヴル美術館が所有する古代ギリシア陶器の傑作「アンタイオスのクラテル」をはじめ、「赤像式の杯」、「休息するヘラクレス」、「ディオニュソスの仮面」を展示する。

また、基礎知識の紹介をする「古代ギリシア世界」や、神々の識別の方法を学ぶことができる「ギリシアの神々や英雄を見分ける」など、DNPが独自に開発した鑑賞システムを会場各所に設置。

古代ギリシア美術のキーポイントを理解できる体験型の展覧会となっている。

なお、同展で開発した鑑賞システムのうち3点が、2014年6月にパリ・ルーヴル美術館「古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門」の展示室3つに設置される予定とのこと。

開催時間は、金曜が18時から21時、土曜・日曜が10時から18時。

休館日は、金曜日が祝日の場合、展示替え期間、年末年始となる。

詳細は、同社公式ホームページを参照のこと。