【女性編】冬はおでんがおいしい季節。食べてみたい地域特有のおでんの具ランキング
豪華でヘルシーなところもうれしい♪





最近では、グルメ番組やインターネットでご当地グルメ情報を知る機会も多いですね。おでんの具や味付けに地域色があることを知っても、実際にそれを試したり、食べたりする機会はなかなかないものです。そこで今回は、450名のマイナビニュース会員の女性に、食べてみたい地域特有のおでんの具をアンケートしました。





Q.食べてみたい地域特有のおでんの具を教えてください(複数回答)

1位 カニ(北海道) 30.9%

2位 牛すじ(静岡県・関西) 24.0%

3位 帆立て貝(北海道) 23.8%

4位 湯葉(京都府) 19.6%

4位 黒はんぺん(静岡県) 19.6%







■カニ(北海道)

・「カニは鍋に入れるものだと信じていたので、おでんに入ることがあるなんてびっくりです! ぜひ食べてみたいです」(47歳/その他)

・「おでんにカニが入っているなんてぜいたくすぎる!! 今まで見たことがないので、見て食べてみたい」(28歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「おでんにするにはもったいないけど、一度は食べてみたいから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■牛すじ(静岡県・関西)

・「肉の繊維におでんのだしがしみ込んで、たまらなくおいしそうだと思ったので」(24歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「牛すじが煮込まれてやわらかくなって、そのだしで大根がほっこり煮えて……と想像するとおいしそうだから」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「関西の友人が絶賛していたから」(23歳/小売店/販売職・サービス系)





■帆立て貝(北海道)

・「海鮮が入ったおでんは食べたことがないから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「高級食材の味が、おでんの汁が染み込みことでどんな味になるか気になる」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「貝はいい味があるから」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■湯葉(京都府)

・「京都に旅行に行ったときに食べて、本当においしかった。コンビニのおでんにも湯葉が入っていて、湯葉を何度も食べた」(34歳/金融・証券/事務系専門職)

・「湯葉は京都独特のものだし、だしによく合いそうだから」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「湯葉はどんな感じになるのかが気になる」(26歳/医療・福祉/専門職)





■黒はんぺん(静岡県)

・「孤独のグルメで見た、『静岡おでん』が気になるので黒はんぺんにしました」(26歳/商社・卸/営業職)

・「テレビで黒はんぺんを見たとき驚いたので」(25歳/その他)

・「CMで一度みてから、食べてみたいと思っていました」(29歳/金融・証券/営業職)





■番外編:地元でも意外と知られていない!?

・餃子巻き(九州)「九州に住んでいるが、餃子巻きは初めて聞いたから」(25歳/機械・精密機器/技術職)

・ちくわぶ(東北・関東)「ちくわぶとちくわは同じものだと思っていたが、違うものだということを最近知ったため」(26歳/医療・福祉/専門職)

・沖縄そば(沖縄県)「普通のは食べたことがありますが、おでんの具としての沖縄そばは未体験なので」(24歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)





総評

1位は「カニ」でした。北海道のカニはそのまま食べても十分おいしいのに、おでんに入れるなんて! この意外性が女性のココロをつかみました。2位は「牛すじ」。おいしいだしが出るというイメージが容易にわくようです。





3位は「帆立て貝」。北海道の海鮮人気がうかがえました。カニと帆立て貝が入ったおでんなんて、想像するだけで豪華です。4位には「湯葉」がランクイン。上品でヘルシーな京都の食材が女性のハートにヒットしたようです。





同率4位は「黒はんぺん」。やはりB級グルメで一躍有名になった静岡おでん(しぞーかおでんと読む)の具として、注目されました。グルメ系ドラマでも、静岡おでんが取り上げられたようです。





ランクインは逃したものの、「餃子巻き」「ツブ貝」「揚げかまぼこ」「ちくわぶ」「白こんにゃく」も人気。いかにもおでんに合いそうで、しかもヘルシーな具が並びました。(文・OFFICE-SANGA 関和麻子)





調査時期:2013年1月11日〜2013年1月16日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性450名

調査方法:インターネットログイン式アンケート