性格について紹介するときの「He is silent.」は間違い?【うっかり使うとアブナイ英語】

写真拡大

【性格について紹介するときのアブナイ英語】 He is silent.【こんな風に聞こえるかも】彼は死んだように静かな人です。

【ネイティブが使う英語】 He is quiet.「quiet」は、物静かなという意味があるのに比べて、「silent」はまったく静寂という意味で使われていますので、人の性格を表すときには適しません。

静かにしてください、と伝えるときは「be quiet」となります。