<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 初日◇31日◇TPCスコッツデール(7,216ヤード・パー71)>
 アリゾナ州にアルTPCスコッツデールを舞台に開幕した、「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」。初日は日没によりサスペンデッドとなったが、開幕から2戦連続予選落ち中の石川遼は、結果を求めて臨んだこの第3戦でも1オーバー暫定104位タイと出遅れた。
 石川は2番で会心のドライバーショットを放ちバーディを先行させると、距離のある7番パー3でもバーディを奪取。バーディ合戦の中で上々の立ち上がりを見せる。しかし、9番でティショットをバンカーに打ち込みボギーとすると、ここからじょじょに暗雲が漂いだす。13番ではティショットを左に大きく曲げてボギー、さらに続く14番ではグリーン周りのミスでボギーを叩き、結局1オーバーでホールアウトした。
 1ホールで約2万人を収容する名物ホールの16番パー3では、ティショットを右手前に外すミス。パーはセーブしたものの大ギャラリーの前で見せ場を作ることが出来なかった。予選通過へ巻き返しが求められる位置で迎える2日目。腰への負担を軽減する新スイングへの改造もまだ道半ばだが、そろそろ目に見える結果が求められる。
【初日の順位】
1位:フィル・ミケルソン(-11)
2位T:ライアン・パーマー(-7)
2位T:ブラント・スネデカー(-7)
2位T:パドレイグ・ハリントン(-7)
2位T:テッド・ポーターJr.(-7)
2位T:ジェフ・マガート(-7)
7位T:マット・エブリ(-6)
7位T:ニコラス・コルサーツ(-6)
7位T:ビル・ハース(-6)
7位T:Y・E・ヤン(-6)他7名
104位T:石川遼(+1)他17名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【コラム】だからこそ、マネジメントは重要なんだ
【コラム】石川遼の本当のライバルとは?
「特別な月曜日になった」ウッズ、逃げ切りで今季初優勝!