ほぼ日手帳の4月はじまり版「spring」発売。新柄カバーも2種登場

写真拡大

東京糸井重里事務所は、「ほぼ日手帳2013」の4月はじまり版(spring)を2月1日に発売する。

ほぼ日手帳とは、「自分たちが使いたい手帳を作ろう」という想いから2001年に誕生。

以来、改良を重ね、2012年度版は約46万人が使用しているという。

このほど発売する「spring」のカバーには、2種の新柄が登場する。

イラストレーター福田利之さんデザインの「episode(エピソード)」は、「森のいきものたちの息吹」がテーマ。

毎年好評の伝統柄シリーズからは「ウクライナの花」が登場。

ウクライナの民族衣装などにほどこされる刺しゅうを、手帳カバー用にアレンジしている。

また、週間タイプの手帳「WEEKS」にも4つの新柄が追加。

ネクタイ生地を使った「タイ&チーフ」より2種類、コットン使用のギンガムチェックから2種登場する。

手帳と一緒に使うアイテム「TOOLS&TOYS」にも新アイテムが登場する。

ひびのこづえさんデザイン「カバー・オン・カバー ある1日」は、汚れ防止として使われていた透明のカバーにイラストが付いたもの。

新たにカズン(A5サイズ)を発売する。

WEEKSウォレットカバーは、新色「ピンク」を追加した。

2月1日より「ほぼ日手帳 WEB SHOP」で手帳や手帳関連商品を申し込むと、1人1回福引に参加できるキャンペーンを実施。

抽選で500名に「六花亭」のお菓子詰め合わせが当たるという。

キャンペーンは4月19日まで開催する。