あなたなら何入れる?京葉銀行に貸金庫のアレコレを聞いてきた!

写真拡大

スパイ映画や海外ドラマなど、フィクションの世界では、お金持ちや特殊組織が貸金庫を利用するシーンが登場することがある。

そこでは国家機密のデータや国宝級の貴金属、土地の権利書といった重要書類を預けることが多い。

そのため、貸金庫は「特別なもの」というイメージがあり、身近に感じられない人も多いのでは?しかし、東日本大震災以降、若い会社員など、一般ユーザーの貸金庫利用が増えているという。

一体、貸金庫に何を預けているのだろうか。

そこで、マイナビニュース会員811名に貸金庫についてのアンケートを実施。

貸金庫を活用するなら何を入れるか調査した。

まずは、貸金庫の利用状況について調査。

「これまで個人的に貸金庫を利用した経験はありますか」と尋ねたところ、「ある」と回答したのはたったの3.6%。

ほとんどの人は利用経験がないようだ。

続いて、貸金庫のイメージについて質問したところ、「高い(52.6%)」「手続きがめんどう(44.0%)」という意見が上位を占めた。

「大切なものを預けるところ(41.5%)」「お金持ちが利用する(41.2%)」というイメージも支持が高い。

「貸金庫はお金持ちが使うもの」というイメージだが、実際はどうなのだろうか?そこで、京葉銀行柏の葉キャンパス支店の松本さんに、貸金庫の現状について教えていただいた。

――貸金庫は、お金持ちが利用しているのでしょうか?松本さん「確かに、高齢の富裕層が利用することをイメージされる方も多いのですが、実際は、20〜80代まで幅広い年代の方が利用されています」――でも、利用料金ってお高いんですよね?松本さん「当行の場合、月額2,362円(指静脈認証システム全自動貸金庫の場合)からとなっております。

1日当たり約77.9円(2,362円×12カ月÷元日を除く364日)ですし、ポイントサービスをご利用いただくとさらに25〜35%割引になります」――意外と安いんですね!松本さん「ありがとうございます。

貸金庫ボックスは小型(月額2,362円)、中型(月額3,045円)、大型(月額3,780円)の3サイズがございます。

奥行き(345〜409mm)と幅(255〜287mm)はすべて同サイズですが、高さは小型57〜77mm、中型94〜137mm、大型132〜197mmです。

通帳や実印、パスポートなど、小さいサイズのものなら小型で十分ではないでしょうか。

卒業アルバムなど厚みのあるものの保管には中型、さらに厚みのあるものや大きい箱に入ったものをお預けになるなら大型をおすすめしております」――預けるものに合わせてサイズが選べるんですね。

松本さん「ちなみに、最近は、専用カードと指静脈認証システムによって本人確認を行い、専用ブース内にお客さまの貸金庫を自動でお届けする指静脈認証システム全自動貸金庫もあります。

行員による受付や立会はありませんし、プライバシーが保護された空間で物品の出し入れを自由に行っていただけるんです」とはいえ、説明されただけだとイマイチ実感がわかないので、実際に貸金庫の中を見せていただいた。

まずは入り口。

貸金庫コーナーの入り口は、カード認証になっているので専用のカードでドアを開ける。

中に入ると部屋があり、部屋のドアは鍵がかかっているため、先ほどの専用カードで解錠する。

ようやく部屋に入室。

部屋の中は、完全個室のプライベート空間。

各支店で部屋数は違うそうだが、取材した柏の葉キャンパス支店の専用ブースは4つ。

では、貸金庫を呼び出してみよう。

貸金庫を呼び出すには、先ほどドアを開けた専用カードをカードリーダーに挿入し、指静脈認証リーダーに指をかざせばよい。

指静脈認証は、指をケガしたら使えなくなりそうだが、事前に複数の指を登録するので大丈夫だそう。