内柴被告、判決に顔面蒼白し震え

ざっくり言うと

  • 内柴正人被告(34)に下された東京地裁の判決は、懲役5年
  • 判決理由朗読の際には、天を仰いでいた
  • 判決を聞き終えると椅子に脱力したように座り、唇は心なしか震えていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング