東京都と小田急電鉄、下北沢駅含む代々木上原〜梅ヶ丘間を3/23より地下化

写真拡大

東京都と小田急電鉄は31日、小田原線代々木上原〜梅ヶ丘間の上下線(約2.2km)を地下に切り替え、東北沢駅、下北沢駅、世田谷代田駅の3駅を地下化することを発表した。

切替工事は3月22日の終電後に実施され、翌23日の初電より上下線とも地下化される。

これにより、代々木上原〜梅ヶ丘間に存在する9カ所の「開かずの踏切」がなくなることから、交通渋滞の解消が期待されている。

地下化された下北沢駅ではエレベーターが新設され、これで小田急線全駅において改札口からホームまで段差なく利用できるようになるとのこと。

小田急電鉄では地下化にともなう一部ダイヤの変更も予定している。

同社は東京都とともに、「小田急小田原線(代々木上原〜梅ヶ丘駅間)連続立体交差事業および複々線化事業」を進めており、世田谷代田〜和泉多摩川間の複々線化はすでに完成している。

このたび実施される代々木上原〜世田谷代田間の地下化は複線で開業し、今後は残る2線分のトンネル工事や駅舎の工事、交差道路の整備などが進められる。

同区間の連続立体交差事業の事業期間は2018年度まで(予定)となっている。