価値100万ドルの車、86個のライト

写真拡大

なんだこれは...!? 元の形状が分らないほど、ライトや国旗、クラクションが異常にたくさん付けられたデカい車がある。酔狂なオッサンが作った鉄クズの塊...?

とんでもない! これはフィンランドに住む72歳の男性が持つ「フィンジェット」と名付けられた、れっきとした"リムジン"なのである。

そもそも何でこんな車を作ろうと思ったのか? 彼はカー・ショップを経営しており、車を借りたり買ったりしていたものの、2つの車を一つにくっつけて売れば、その方が得だと考えたかららしい。「デカいは強い!」ということだろうか。

その結果、86個のライトに36個のミラー(そしてアメリカの国旗がたくさん)、ジェットエンジンが2つ、車内は10個のシート、電子レンジ、テレビ、冷蔵庫、エアコン、さらに簡易のサウナ機能まで搭載したスーパー・リムジンが誕生したとういうわけだ。

この「フィンジェット」、そのゴージャスなルックスのおかげか、ヒューストンで行われたコンテストで2度も優勝。そしてヨーロッパ展示への旅が決まったが、なんと車体には100万ドルもの保険金がかけられているという。なお、数年前eBayに出品した際にも95万ドルの値がついていたらしい。

世の中、何が価値を持つかわからないものである。

(参照元: