原発避難の49歳無職男性が孤独死

ざっくり言うと

  • 福島第1原発事故で福島県から東京の宿舎に避難していた男性が孤独死していた
  • 病死とみられる遺体は1月5日に見つかり、死後約1カ月が経過していた
  • 男性は積極的にほかの住民と交流する人ではなかったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング