成田離婚にならないための新婚旅行の楽しみ方

写真拡大

新婚旅行先で海外を選ぶと、なおさら相手のことが頼りになるかならないかが見えてしまうもの。

二人で行くからこそお互いを尊重して楽しみたいものです。

相手に頼りすぎず新婚旅行を楽しむための意識や心構えをおさらいしましょう。

■『成田離婚』になりうる原因とは成田離婚とは、海外から帰国後、成田空港に戻ってきたのちにスピード離婚するケースのこと。

すなわち、海外旅行先でのトラブルが引き金になることがほとんどといえます。

そのうち一つは、外国語が話せないがゆえのもどかしさが原因の口論、二つめは、パスポートやお財布などの紛失、盗難による口論。

共通して言えることは、『口論』が引き金となっていることです。

これをふせぐためには、お互いの外国語のレベルを事前によく把握しておくことです。

自分が得意なら、パートナーをリードしてあげると良いでしょう。

お互いダメなら二人で勉強するか、海外旅行をやめるというのも一つの手です。

自分が貴重品をなくしやすいと自覚しているのであれば、パートナーに預かってもらうのも良いでしょう。

海外では貴重品を『肌身離さず』持ち歩くことが大事です。

■国内旅行でも『成田離婚』はありえる?成田空港を使わないケースはあっても、スピード離婚の可能性はあります。

こちらも口論が引き金になることが多いですが、一緒にいる時間が長い分、パートナーの行動一つ一つが気になるもの。

集合時間にルーズであったり、酒癖が悪かったり、寝相やイビキがひどかったりと、ささいな行動がトラブルの原因となることも少なくありません。

最近は結婚前に同居生活を送るカップルが増えているため、よほどのことではトラブルになりませんが、結婚前からプチ旅行をするなどしてパートナーの良いところ悪いところを事前に把握しておくと良いでしょう。

「あの人のあんなところがどうしても我慢できない!」ということであれば、結婚する前に別れを決断することも大事です。

ただし、話し合いで解決することも多いですから、行動は慎重に。

結婚して一緒に暮らすようになれば、パートナーの本性はもっとみえてくるようになります。

新婚旅行を通じて自分のことをよく知ってもらい、パートナーのことをよく知った上で、お互いがギスギスすることなく、一生一緒にいられるような夫婦を目指しましょう。