『神様はじめました』舞台めぐる東武東上線&東武バスのスタンプラリー開催

写真拡大

東武鉄道、東武バス、小江戸川越観光協会は31日、「東武東上線×神様はじめましたスタンプラリー」の開催を発表した。

期間は2月18日より3月31日まで。

同スタンプラリーは、アニメ『神様はじめました』(テレビ東京系などで2012年10〜12月放送)で舞台設定のモデルとなった「小江戸」川越の観光スポットを訪れ、名所めぐりを楽しんでもらうことが目的。

期間中、「小江戸川越クーポン」または「小江戸名所めぐりバス一日フリー乗車券」を購入するとスタンプ台紙とクリアファイルが渡され、すべてのスタンプを集めることで特典を受けられる。

スタンプ台紙にはアニメの主人公、桃園奈々生(ななみ)をはじめ、奈々生の神使となった巴衛(ともえ)・瑞希(みずき)、奈々生の同級生で「超人気ビジュアル系アイドルKURAMA」こと鞍馬(正体は鞍馬山の烏天狗)などのキャラクターもデザインされている。

スタンプの設置場所は東武東上線の池袋駅・川越駅・川越市駅と小江戸観光協会の計4カ所で、それぞれ異なるキャラクターの絵柄が採用される。

すべてのスタンプを集めた後、それぞれのスタンプ設置場所にて申し出ることで、特典として『神様はじめました』の特製マウスパッドがプレゼントされるとのこと。

「小江戸川越クーポン」は東武東上線・越生線の各駅(川越駅、川越市駅、寄居駅、越生駅は除く)で発売され、川越駅または川越市駅までの往復割引乗車券と川越駅発着の東武バスフリーパスなどがセットに。

「小江戸名所めぐりバス一日フリー乗車券」は、東武東上線川越駅定期券発売所や東武バスウエスト川越営業事務所で発売される東武バス指定区間フリーパスで、価格は大人300円、小児150円となっている。