働く男性の半数以上が、仕事相手の「鼻毛」が気になった経験アリ

写真拡大

刃物やビューティーケア用品などの製造・販売を行う貝印は、20代から50代の働く男性を対象に、仕事時の身だしなみに関するアンケート調査を行った。

調査時期は1月18日から20日、有効回答数は885(複数回答可)。

「仕事中に相手の身だしなみについて気になったことはありますか?」との質問には、85%が「ある」と回答。

気になった部位については、1位は「鼻毛」で、半数以上の人が仕事相手の「鼻毛」が気になった経験があるという結果になった。

2位「髪」、3位「ヒゲ」と比較的目立つ部分が続いたあと、4位に「ツメ」がランクイン。

顔周りだけでなく、手もとも仕事相手に見られていることがわかる。

次に、「自身の身だしなみについて気にすることはありますか?」と質問すると、92%が「ある」と回答。

気をつけている部分としては、「髪」「鼻毛」「ヒゲ」がトップ3だった。

最後に、自身の身だしなみで恥ずかしい思いをしたことがあるかとの質問には、42%が「ある」と回答。

具体的には、「鼻毛が出ていた」「寝癖が付いていた」「ツメが汚れていた」「ヒゲのそり残し」「歯に食べ物がくっ付いていた」などの回答が寄せられた。