実は「やめてほしい」と思っているパートナーの趣味




趣味というのは難しいもので、その人自身は大好きで一生懸命なんだけれども、他人から見たら「なんだそりゃ」なんてことが往々にしてあります。「人の趣味にケチをつけない」は人間関係を円滑にいかせるための約束事ですが……、パートナーの趣味となると厄介です。「言いたいけど言えない」「一緒に暮らしてるんだから言った方が……」などとためらうことがあるのではないでしょうか。

「実はやめてほしいと思っているパートナーの趣味」を聞いてみました。



調査期間:2012/11/28〜2012/12/04

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■だんなさんや奥さん、または彼氏や彼女などの「やめてほしい」とひそかに思っている趣味はありますか?



はい 117人 11.7%

いいえ 883人 88.3%



約12%の人があると答えました。言いにくいんですね。では、その趣味とは具体的にどんなものでしょうか。「やめてほしい理由」と併せて聞きましたので、ご紹介します。



●パチンコ好き

ちゃんとお金かけ過ぎる前にやめるから大丈夫って言ってるけど、負けたらやっぱり不機嫌になるし、ちょっとな……。必ず勝てる保証がないものなのに、気晴らしに選んで負けたから不機嫌ってパターンは勘弁してほしい。機嫌いいときは楽しそうに話すから、聞くのはいいんだけどね。(東京都/女性/25歳)



パチンコという回答はほかにも。賭け事全般と答えた人もいました。女性からの回答ばかりで、やはり男性の方がギャンブルにはまるようです。



●韓流ドラマを見ること

たまに見ている横にいますが、あまりにもご都合主義のシーンが多くて、我慢できません。(埼玉県/男性/44歳)



「女性に向けて夢を売っている」なんて話もあります。彼女、もしくは奥さまも夢を見たいのでは?



●料理のレシピを切り抜いて保存する趣味

実際に作るところをほとんど見たことがない。(東京都/男性/33歳)



手段と目的が逆転しているのでしょうか(笑)。忙しくて作る時間がないのかもしれませんよ。



●秋葉原で基盤を買ってマイコンを作る

家にはんだごてやオシロスコープを買う。(東京都/女性/29歳)



男っぽい趣味ですねえ。ご本人は喜んでやっているので、温かく見守ってあげればいかがでしょうか。



●車いじり

車の車高を低くしたり、なんかヤンキーみたいで嫌だし、いろいろお金かかってるみたいだから。(大阪府/女性/25歳)



最近はヤンキーカーもずいぶん減っているんだそうですよ。絶滅危惧な趣味なので擁護してあげてはいかがでしょう。



●ダムマニア

たまたま訪れたダムに「ダムカード」なるものがあり、そこからハマってしまいました。休みのたびにダムに行って、デートもあまりできていなく、結婚の準備もあるのに、遠出して車にお金をかけているのでやめてほしい。(東京都/女性/29歳)



これはまたディープな趣味ですね。「ダムカード」は知りませんでした。調べてみましたが、国土交通省、独立行政法人水資源機構が管理するダムなどで配布されているとのことです。こういうカードがコレクター心をそそるのかもしれません。



●競馬

誘われて馬を見に行くくらいのつもりで始めたそうですけれど、G1レースとか大きな競馬(?)があるたびに競馬場に行きたがるのは正直イヤです。(東京都/女性/48歳)



競馬ファンは多いようですね。賭けなくてもいいという人もいるそうですが。



●リラックマグッズを集めること

私の車が、リラックマグッズでいっぱいになり恥ずかしい。(京都府/男性/31歳)



これはちょっと恥ずかしいかもしれませんね。でも「やめてくれ」とは言いにくいんでしょうね。



●たばこ

体によくないので、心配になります。(埼玉県/女性/24歳)



喫煙者の数が減っているからでしょうか、「タバコ」と回答した人は計5人だけでした。



●お菓子作り

正直下手。作る行為が楽しいのは分かるが、せめてレシピ通りに作ってほしい。あと、見るに見かねて手を出すと怒るのもやめてほしい。(東京都/男性/26歳)



おそらくですが「作っていること」自体が趣味なんでしょうね。ですから味は二の次なのでしょう。でも、やってるうちに上手になるのでは!?



●アニメオタク

それも少女アニメなど、かなりオタクです。嫌ですね。不健全なので。(千葉県/女性/44歳)



彼氏、あるいはだんなさんがアニメオタクな人のご意見ですが、逆に……。



●アニメオタク

アニメは嫌いじゃないけど、話がディープ過ぎてついていけないときがある。(滋賀県/男性/34歳)



このように、彼女、あるいは奥さまが「アニメオタク」な人もいるわけです。趣味はその人そのものだったりしますから、理解されないとツライですね。



●コスプレ

他人に肌を見せてほしくないし、年齢的にきついものが出てきた。(長崎県/男性/27歳)



コスプレをすることで「若さを保っている」ところもあるのでは!?



なかなか「やめてください」と言い出せない様子が伝わってくるアンケート結果でした。皆さんには「本当はやめてほしいパートナーの趣味」はありますか?





(高橋モータース@dcp)