購入者が値段を決める電子書籍ストア「言い値書店」オープン

写真拡大

個人でWEBサービスの開発・運営を行っている藤井正尚氏は1月30日、購入者が値段を決める電子書籍ストア「言い値書店」をオープンした。

同サイトは、購入者が電子書籍の値段を決めることができるPWYW(Pay-What-You-Want)方式を採用している。

値段は0円から2,000円まで、50円刻みで自由に設定可能。

SNS(Twitter,Facebook)のアカウントでログインするだけで、購入や販売をはじめることができる。

また、誰でも自由に販売者(電子書籍を売る側)になることができるのも特徴。

0円で購入したユーザーのSNSのアカウントがわかるようになっているので、自分の販売している電子書籍がどのような人に買われたのか知ることができる。

電子書籍が有料で購入された場合は、売り上げからシステム利用料を同サイトに支払う。

システム利用料は販売価格の15%+7円とのこと。