ストリートダンスシューズ「ジェイド」裏原宿に旗艦店 深夜はスタジオに

写真拡大

 ニューエイジに向けたストリートダンスシューズブランド「JADE(ジェイド)」が、初の旗艦店を裏原宿の旧プロペラ通りに出店する。「JADE」は2011年にマドラスが立ち上げた新ブランド。旗艦店ではシューズをはじめ、紐靴や靴袋といったアクセサリーを販売する他、閉店後には午前5時までレンタルスタジオとして開放する予定だ。オープンは3月1日。

ジェイドが裏原宿に旗艦店の画像を拡大

 旗艦店「JADE原宿店」の店舗面積は約100平方メートルで、地上1階から2階までの2フロア構成。店内では「JADE」のフルラインを揃え、ストリートダンス文化の発信を視野にブランドの世界観を演出する。

 2012年から中学校で「ダンス」が必須科目になり、各社は国内約200万人と想定されているダンス市場の開拓を進めている。「JADE」は、1921年創業のマドラスが2011年4月に慶応義塾大学公認のダンスサークルとともにスタート。「つま先の劣化、底の減りが気になる」という悩みに応える耐摩耗性ラバーの採用や、耐久性・持久性を備えたデザイン性の高いシューズを展開している。

■JADE原宿店
 住所:東京都渋谷区神宮前4丁目28番25号
 オープン日:2013年3月1日(金)
 営業時間:11:00〜20:00
 レンタルスタジオ:21:00〜5:00(店舗販売終了後)
 ・オープニング特典 3/1(金)〜3/17(日)まで、全品10% 会員になるとさらに10%OFF(計20%OFF)
 ・学生(対象:中学・高校・ダンススクール)割引10%OFF(オープニング特典との併用不可)
 https://www.jade-shoes.com/