【女性編】飛行機に乗る時、イラッとしたランキング


スケジュールが狂うので困る





列車や電車に乗るよりも利用する機会が少ない飛行機。それだからこそイライラせずに快適に利用したいものですが、やはりそこは空を飛ぶものだけにハプニングはつきものです。そこで498名のマイナビニュース会員の女性に、「飛行機に乗る時、イラッとした」という経験について聞きました。最近話題になったアレなども上位に入っていて、皆さんの飛行機に対する本音が分かる結果になったのではないでしょうか?!





Q.飛行機に乗る時、イラッとした経験を下記より選んでください(複数回答)

1位 飛行場の搭乗ゲートが空港の一番端だった 17.3%

2位 機内で赤ちゃんが泣き続けていた 15.1%

3位 飛行中やたらに揺れた 13.4%

4位 時間になってもゲートがなかなか開かない 11.4%

5位 CAの態度がいんぎん無礼だった 11.0%







■飛行場の搭乗ゲートが空港の一番端だった

・「歩くの疲れる」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「遠くすぎて移動だけで本当に疲れる。もっと近くにしてほしいと思う」(29歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「急いでいる時に限って遠かったりする」(27歳/その他/事務系専門職)





■機内で赤ちゃんが泣き続けていた

・「本当にイライラするから。泣くなら乗せるなと思う」(26歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「ある程度静かにできる子供でないと連れて長距離を乗るべきではないと思うから」(36歳/生保・損保/事務系専門職)

・「赤ん坊とか乗せるなと思う。寝たいのに寝られないので余計イライラ」(37歳/金融・証券/営業職)





■飛行中やたらに揺れた

・「そんなに乗らない割に、結構な確率で揺れているようです。飲み物にふたをして出されることもよくあります。イラっとするというよりビクっとします。だから飛行機はきらい」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「揺れるとイラっとするより怖い」(29歳/食商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「初めて乗った飛行機がかなり揺れて、それがトラウマで飛行機には怖くて乗れない」(22歳/マスコミ・広告/事務系専門職)





■時間になってもゲートがなかなか開かない

・「ゲートが開かずにまたされるとイライラしてきます」(30歳/生保・損保/事務系専門職)

・「不安になるから」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「待たされるのはいや」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)





■CAの態度がいんぎん無礼だった

・「とある国の飛行機に乗った時、イヤホンが壊れていたので、CAを呼んで申し出たら、「Broken!!!」とだけ言われて、立ち去られた…謝罪もないのかい!!!」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「いい接客が大事だから」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「たたきこまれたホスピタリティはどこへ…」(29歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)





■番外編:イライラが過ぎると不安になる

・天候の具合で飛ぶのか飛ばないのかなかなか分からない「次の日仕事だと不安になるから」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・毛布などを頼んだのに忘れられていた「忘れられると悲しい」(23歳/学校・教育関連/専門職)

・目的地に到着してもなかなか着陸しなかった「到着地が吹雪だったため、1時間ぐらい上空を旋回していたことがある。別の空港に着陸するかもと言われたが、その場合どうしたらいいのかについては説明がないので不安になった」(26歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)





総評

最近は大きな飛行場も増えてきていることもあるのでしょうが1位は「飛行場の搭乗ゲートが空港の一番端だった」でした。やはり旅行などの重たい荷物を持って延々と歩くのは大変なのでしょう。次の2位の「機内で赤ちゃんが泣き続けていた」という意見は、実は男性よりも上位でした。3位の「飛行中やたらに揺れた」は、その後の飛行機利用まで影響を与えるほど結構大きな出来事だということが寸評から伺えます。





4位は「時間になってもゲートがなかなか開かない」は、特に細かい説明がない場合にはイライラを通り過ぎて不安を抱かせることもあるようなので罪は深いかも。5位は「CAの態度がいんぎん無礼だった」で、きめ細かいサービスをするのが当たり前になっている日本人CAに対する期待の裏返しなのかもしれません。





そのほか、番外編のコメントには飛行機に乗っていた時に不安やイライラが分かるものが多く、ほとんどの飛行機は予定通りに飛んでいるのですが、たまに出会うハプニングが不安を引き起こすことが分かります。いずれにしましても、飛行機に乗るというのは旅気分を味わう大切な要素の1つですから、スケジュール通りに飛んでほしいものですね。

(文・OFFICE-SANGA 繁原稔弘)





調査時期:2012年12月14日〜2012年12月19日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性498名

調査方法:インターネットログイン式アンケート