トヨタ、コンパクトSUV「ラッシュ」の4WD車にVSC&TRCを標準装備して発売

写真拡大

トヨタ自動車は31日、コンパクトSUV「ラッシュ」の一部改良を行って発売した。

価格は169万円から219万8,000円。

今回の一部改良では、4WD車にVSC(Vehicle Stability Control)とTRC(Traction Control)を標準装備。

VSCは車両の横滑りをセンサーが感知して各輪のブレーキとエンジン出力を制御することで車両の安定性を確保し、TRCは滑りやすい路面での発進や加速時に駆動輪の空転を抑え、適切な駆動力を確保して加速中の直進性と車両安定性をサポートする。

また、外板色に「アズキマイカ」を追加して全8色としたほか、「X」と「G」グレードの内装色とシート表皮色に「プラム」を設定。

また「X」グレードには、フロントセンターアームレストを標準装備し、キーフリーシステム&盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)をオプション設定している。

エンジンは、全グレードに1.5Lの3SZ-VE(直列4気筒DOHC)を搭載し、トランスミッションはECT(電子制御式4速オートマチック)を採用。

駆動方式は2WD(FR)とフルタイム4WDが用意されている。

乗車定員は5名。