日本映画史上初、映画『ドラゴンボールZ 神と神』のIMAX上映が決定!

写真拡大

3月30日(土)に公開されるアニメーション映画『ドラゴンボールZ 神と神』が、日本映画史上初となる「IMAXデジタルシアター」で上映を行うことが31日、明らかとなった。

「IMAXデジタルシアター」は、映画を構成する「映像」「音響」「空間」「作品」という4つの要素を、カナダのIMAX社独自の最新テクノロジーで最高水準まで高めた次世代のプレミアムシアター。

シアター全体がIMAX仕様にカスタマイズされており、高品質デジタル映像と大迫力サラウンドシステム、床から天井、左右の壁いっぱいに広がるスクリーン により、映画内に入り込んだようなリアルな臨場感を体感できる。

これまで『アバター』(2009年)や『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年)など大ヒットを記録した洋画の大作がIMAXで公開されてきた。

今回、日本映画としての初上映にあたり、IMAXエンターテイメント会長兼社長のグレッグ・フォスターは「我々は、IMAXデジタルシアターで初の日本映画を上映するにあたり、漫画クリエイターのパイオニアでいらっしゃる鳥山明先生のような方とパートナーとなれたことを誇りに思います。

テンポの速いアクションシーンや目を見張るようなビジュアルによって、我々は『ドラゴンボールZ 神と神』がIMAX体験に相応しいものとなることを確信しています」と原作者・鳥山明へ賛辞を贈るともに、自信を覗かせている。

映画『ドラゴンボールZ 神と神』は、原作者の鳥山自らが原作・ストーリー・キャラクターデザインに関わり、17年ぶりとなる劇場版アニメの最新作。

舞台は、アニメーションシリーズ『Z』と『GT』の間、つまり原作517話で魔人ブウとの戦いが終わった後から518話までの空白の10年の間のエピソードであり、長い眠りから目覚めた全宇宙のバランスを保つ破壊の神・ビルスと悟空たちZ戦士の戦いが描かれる。

IMAXデジタルシアター上映予定館は以下のとおり。

北海道:ユナイテッド・シネマ札幌東京都: 109シネマズ木場、ユナイテッド・シネマとしまえん、109シネマズグランベリーモール神奈川県:109シネマズ川崎、109シネマズ湘南千葉県:成田HUMAXシネマズ埼玉県:ユナイテッド・シネマ浦和、109シネマズ菖蒲茨城県:シネマサンシャイン土浦愛知県:109シネマズ名古屋大阪府:109シネマズ箕面、ユナイテッド・シネマ岸和田奈良県:シネマサンシャイン大和郡山愛媛県:シネマサンシャイン衣山福岡県:ユナイテッド・シネマキャナルシティ13(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2013ドラゴンボールZ」製作委員会