「エロエロ草子」表紙(国会図書館デジタル化資料より)。電子書籍とはいえ、80年を経て刊行される

写真拡大

「エロエロ草紙」という作品をご存じだろうか。1930年、酒井潔(1895〜1952)の著書として出版される予定だったが、お上の横ヤリで発禁になった本だ。どんないかがわしい内容か――と思いきや、実のところはいわゆる艶笑的な内容で、今の目で見るとそんなに「エロ」くない。

それが80余年の歳月を経て国立国会図書館のデジタルアーカイブで公開されるや、タイトルに「釣られる」人が続出し、5か月連続でアクセス数1位を記録する事態に。この件はネットメディアなどでも伝えられ話題を呼んだが、今回その「エロエロ草紙」が、電子書籍として日の目を見ることになった。

文化庁事業の一環として、芥川直筆本なども

文化庁が実験的に行う「文化庁eBooksプロジェクト」の一環として実現したもので、『エロエロ草紙』のほか、国会図書館がデジタル化した貴重な古書籍計13作が、電子書籍として紀伊国屋書店から無料配信される。こうした資料の電子書籍としてのニーズ、流通における課題などを検証することを目的とした事業だ。

ラインアップには「絵本江戸紫」(1765年)、「平治物語〔絵巻〕」(1798年)などの古典籍のほか、竹久夢二、芥川龍之介、柳田國男、夏目漱石、永井荷風、宮沢賢治などそうそうたる顔ぶれが並ぶ。芥川などの作品については入手困難な初版本や、作者の直筆原稿などを元にしており、通常の電子書籍とは一味違う「貴重な」内容だ。直筆本などにはテキストデータも併収するなど、読みやすさにも配慮している。

しかし、こんな大プロジェクトになぜ「エロエロ草紙」が?

「当時を知る資料としては本当に貴重なんです」

文化庁に問い合わせたところ、そもそも今回のラインアップはデジタルデータのアクセス数や、国会図書館内での閲覧実績などを重視して絞り込んだもので、異例の「人気」を獲得した「エロエロ草紙」は、異論はあったものの、やはり外せないという結論にいたったそうだ。

何より、同書は戦前の検閲・発禁事情、そして社会風俗を知る上では極めて重要な資料でもある。文化庁の担当者も、記者に「エロエロ草紙ばかりが注目されるような記事にしないでいただければ……」と苦笑しつつ、「エロエロ草紙」が同事業に関心を持ってもらうための「呼び水」になってほしい、との期待も明かした。

配信は2013年2月1日(一部は2月8日)〜3月3日の期間限定。いずれも無料。