福岡県・城島の酒を飲みくらべ!「第19回城島酒蔵びらき」が開催

写真拡大

酒どころとして有名な福岡県・城島の城島酒蔵びらき実行委員会は、「第19回城島酒蔵びらき」を開催する。

日時は2月11日9:30〜16:30。

メイン会場は町民の森(福岡県久留米市城島町楢津)。

城島は「兵庫の灘」「京都の伏見」「広島の西条」と並ぶ酒どころで、現在も9つの蔵元が酒を醸し続けている。

同イベントでは城島の酒が一堂に会するという。

イベント当日は、専用の利き猪口(ちょこ)を使って行われる『城島の酒飲みくらべ』(利き猪口6杯600円)をはじめ、筑後の酒蔵で代々受け継がれてきた『酒造り歌』の披露や筑後各地に古くから伝わる和太鼓『城島龍神太鼓』の演奏が行われる。

また、地元で採れた野菜、手作りのみそに城島の酒を隠し味に使って作る『元気鍋』なども振る舞われる予定。

また、同時イベントとして、昨年に引き続き『城島酒蔵びらき 満喫ウォーキング』も開催されるとのこと。

なお、当日は西鉄三潴町、JR荒木駅からメイン会場や各蔵元をめぐる無料バスが運行予定。

さらに、西日本鉄道からは『城島の酒飲みくらべ』の割引券が付いた各駅からの往復きっぷ『第19回城島酒蔵びらき記念きっぷ』が発売される。