西日本鉄道など3社、環境負荷軽減を目的にカーシェアリング事業で提携

写真拡大

「西日本旅客鉄道(JR西日本)」と、レンタカー事業などを展開する「JR西日本レンタカー&リース」、時間貸駐車場「タイムズ」などを運営する「タイムズ24」は1月28日、カーシェアリング事業での3社提携にむけ、基本合意書を締結したことを発表した。

今回の基本合意は、カーシェアリング事業の普及を通じ、鉄道の利便性向上と利用の促進、ならびに環境負荷軽減型交通を充実させることを目的としている。

提携内容は、JR西日本およびJR西日本グループ会社が提供するスペースにおいて、タイムズ24が運営主体となりカーシェアリングを運営。

JR西日本レンタカー&リースは、スペース管理および車両メンテナンスを行う。

なお、事業開始は2013年春を予定。

詳細は、公式ホームページを参照のこと。