マイケル・コース、飢餓撲滅に向け国連WFPとパートナーシップ

写真拡大

 「MICHAEL KORS(マイケル・コース)」が、世界の飢餓撲滅に向け、国際連合世界食糧計画(WFP)と長期にわたるパートナーシップを結ぶことを発表した。飢餓問題に対する関心を啓発することを目指して様々なキャンペーン活動やイベント、限定版チャリティーアイテムを発売し、数年間で数百万ドルの資金を調達する予定。YouTubeでは、デザイナーMichael Korsをはじめ、歌手で女優のBette Midler(ベット・ミドラー)や女優のOlivia Munn(オリヴィア・マン)ら様々なセレブリティが今回の取り組み支援を呼びかけるメッセージビデオを公開している。

マイケルコースがWFPとパートナーシップの画像を拡大

 WFPは、母親や子供たちを中心とする70カ国以上、年間9000万人の社会的弱者に食糧を支援・提供している。「MICHAEL KORS」は WFPと協力し、飢餓と食糧不足問題をサポート。ファッションやグローバルコミュニティを通じて人々の意識を高め、資金調達に尽力していくという。

 デザイナーMichael Korsは、ニューヨークを拠点とする非営利団体「God's Love We Deliver」に500万ドルを寄付し、2012年度ゴールデン・ハート賞功労賞を受賞するなど慈善活動に積極的に取り組んでいる。今回のパートナーシップを通じて、Michael Korsは2013年1月にブランドのソーシャルメディアチャンネルから公共広告をリリース。広告にはファッションから映画、音楽業界まで幅広い分野で活躍する著名人が登場し、飢餓への意識高揚を訴えるという。また、3月には「ウォッチ・ハンガー・ストップ」と名付けた2種類の時計を発表予定(日本での発売は5月予定)で、売り上げはWFPを通じて世界の子供たちの食糧支援に役立てる。Michael Korsは「何年にもわたって、私は世界中を旅し、新しい文化や人々に出会う素晴らしい幸運に恵まれてきました。私が学んだことが1つあるとするなら、それは世界中の何百万という人々が、自分たちや家族が毎日食べる食糧に事欠き、苦しんでいるということでした。私はこの世界的な惨事に対して、私の声と努力を提供したいと思います」とコメントを発表している。

■寄付詳細について
 https://www.wfp.org/donate/kors

■MICHAEL KORS
 http://www.michaelkors.com/