『ビオレンシアの政治社会史』

写真拡大

『ビオレンシアの政治社会史』(寺澤辰麿著 アジア経済研究所)。本書の受け売りだが、南米コロンビアにおいて「ビオレンシア」(英語のバイオレンスに相当するスペイン語)という言葉は特別の意味を持つ。19世紀初頭のスペインからの独立以降の歴史的な社会事象としての内乱、反乱、暴動、一般犯罪などを指すもののようだ。コロンビアには、これを研究する学問分野もあるという。

筆者を含め普通の日本人のコロンビアについてのイメージは、ゲリラによる誘拐や麻薬カルテルによる殺人が茶飯事の怖い国というものであり、上述のようなことを聞きかじれば、「なるほどコロンビアはビオレンシアの国なんだ」と短絡的に思い込んでしまう。しかし、本書を読んで、筆者のコロンビアについての認識は一変した。

「政治的ビオレンシア」など分析

本書は、在コロンビア大使の経歴を持つ著者が、「コロンビアは暴力が横行する治安の悪い国だ」というような固定観念の誤りを実証的に正すべく著したものである。本書の「若き国コロンビアの悪魔払い」というやや異様な副題には、ビオレンシアというコロンビアに取りついた悪いイメージを祓い落したいという意図が込められている。

著者は、コロンビアのビオレンシアを、政治的ビオレンシア、ゲリラと麻薬組織によるビオレンシア、一般犯罪としてのビオレンシアという3分野から分析する。筆者には、とりわけ政治的ビオレンシアについての論述が興味深かった。1853年という非常に早い時期から男子普通選挙を実施しているコロンビアでは、保守党と自由党の二大政党制が19世紀中葉から20世紀末まで続いた。独立時の2人の英雄シモン・ボリーバルとサンタンデールの両者の政治思想の違いにルーツがあるこの二大政党制が、政治的ビオレンシアの根本原因とされている。

ビオレンシアの具体的要因を、両党を支持する階層の利害対立、カトリック聖職者の保守党への支持、大統領選挙の選挙運動の過熱などとする諸説ある中で、著者は政治的ビオレンシアが選挙後に主に地方で生じていることに着目して、二大政党制下の政権交代に伴う公職の入替えを契機とする農地をめぐる争いが要因であったと指摘する。政治的ビオレンシアは、1958年の保守自由両党が交互に大統領を出す国民戦線協定の成立により終焉を迎え、二大政党制自体1991年憲法の政党要件緩和により解消した。

ゲリラ・麻薬対策で一般犯罪が低下傾向

最終章において著者は、悪魔祓いの結論の筆を振るう。例えば、「コロンビアの政治は絶え間ない激しい戦争または紛争の歴史であり、その本質が現在まで続いている」という固定観念については、各種文献を引いて、政治的ビオレンシアは旧スペイン植民地に共通したものであり、コロンビアのそれはほかのラテンアメリカ諸国に比べて決して多いとはいえないとした上で、二大政党制が崩れて以降政治的ビオレンシアの発生する条件がなくなったと指摘する。そして現在は、政府のゲリラ・麻薬対策により一般犯罪が着実に低下傾向にあると説いている。

本書は啓蒙書ではなく学術書であり、実証的で緻密な内容であるが、達意の文章なので難解に感ずることはない。著者のコロンビアに対する熱い思いが伝わる本である。

経済官庁(?種職員)山科翠

J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。