フェイスブックで特定の人をブロックしてみた・されてみた

写真拡大 (全14枚)

以前、ラインである人をブロックしたら、相手にブロックした事実が知られるか?という記事を書きました。

今回は、フェイスブックである人をブロックしてみたらどうなるか、実験してみました。

本人に実験趣旨を伝えたうえで、友人A子をブロック。

【実験結果】

ブロックした結果、判明したことは――。

・A子(被ブロック者)を検索しても、出てこない

・かつては友達の投稿の「いいね!をした人」リストに入っていたA子の名前が、リストから消えている

・A子と一緒に入っていた「グループ」に、A子が表示されなくなった

つまり、私のフェイスブック上では、どうがんばってもA子のページを見つけられないどころか、友達だった時は表示されていたA子の名前そのものも消えているのです。

 

反対に、A子に私をブロックしてもらったところ

上記と同じ現象が起きました。

 

では、アクティビティログにブロックした事実が載っているかというと、

「自分にだけ表示されるログ」欄にのみ、「A子をブロック」というログが残っていました。

つまり、誰かをブロックしたことは公開されず、ブロックされた側がその事実に気付くタイミングとしては、「いつの間にか友達リストから相手が消えていた」時となります。

なお、ブロックは解除できますが、その時は「友達リクエスト」を送信しなければなりません。

 

【ブロックする方法】

アンドロイドの公式フェイスブックアプリからブロックする方法は、

「Facebook」⇒「友達」⇒友達欄からブロック対象を選択⇒対象者のページに入ったら「情報」⇒メニューキーを押して「プロフィールを見る」をタップ⇒右上の「・・・」をタップして「ブロックする」を選択

【ブロックを解除する方法】

トップページから「Facebook」をタップ⇒プロフィール⇒自分のプロフィールページに入って、左上のメニューをタップ⇒「アカウント設定」⇒「プライバシー」⇒一番下にある「ブロックリストを管理」の順に進み、対象者のページから「解除」ボタンを押します。

解除するのは若干手間でしたね…。そもそもプライバシー設定までの道のりが遠かった。細かい設定はパソコンからやったほうが楽ですな。

ではまた〜。