アッシュペーフランス若手デザイナー育成 オリジナルブランド「DARIO」発表

写真拡大

 アッシュ・ペー・フランスが、23歳の台湾人デザイナー謝仁欣(HSIEH JEN-HSIN / シャ・レンシン)を起用し、新ブランド「DARIO(ダリオ)」の立ち上げを発表した。若手デザイナーを育成する同社初のブランド事業。デビューコレクションは、2月13日に合同展示会「rooms26」会場内で発表が予定されている。

アッシュペーフランス新ブランド「DARIO」の画像を拡大

 謝仁欣は1988年台湾生まれ。実践大学服装デザイン学科の在学中に、台湾テキスタイルフェデレーション(TTF)「2011 台湾ファッションデザイン大賞」でグランプリを受賞した。これをきっかけにアッシュ・ペー・フランスが主催するファッションとデザインの国際合同展示会「rooms24」に初参加し、動物と服が一体化したオリジナル作品をインスタレーション形式で発表。台北で開催された「roomsLINK TAIPEI」にも参加している。

 アッシュ・ペー・フランスは謝仁欣の才能に注目し、新事業として立ち上げるオリジナルブランド「DARIO」のデザイナーに起用。国立代々木競技場第一体育館で開催される「rooms26」で、ファーストコレクション24ルックを初披露する。テーマは「the microcosmos within me」。同社は、デザイナーの育成を通じてブランド事業のモデルケースを作ることで、ファッション業界の活性化を目指すという。

■rooms26
 会期:2013 年 2 月 12 日−14 日 10:00 〜 18:00
 場所:国立代々木競技場第一体育館
 出展ブランド:約 500 ブランド
 主催:アッシュ・ペー・フランス株式会社
 公式サイト:www.roomsroom.com