非常食に

写真拡大

森永製菓は2013年2月5日、長期保存できるチョコレート「ベイク缶」を発売する。非常食としてビスケットやキャラメルを市販する同社が、初めて市場に出す災害時用チョコレートだ。

中身は「ベイク<ショコラ>」と同じ

入っているのは、焼きチョコレート80グラム。既に市販されている「ベイク<ショコラ>」と同じもので、溶けにくく手に持ってもベタベタしない。

缶は密閉性の高い金属製で、これに脱酸素剤を入れることで2年間の常温保存が可能になった。側面には、非常時の持ち出し品や備蓄品の一覧も印字されている。

価格は525円。3月末まで販売する。