写真は、安倍晋三首相が食べたとされたことで話題になったホテルニューオータニのカツカレー

写真拡大

カレーに入れる肉は牛か、豚か、鶏か、それとも――今日も今日とて、ネット上ではそんな平和な議論が繰り返されている。

2ちゃんねるに2013年1月24日、「カレーには牛肉 いい加減認めようや」なるスレッドが立てられた。誰もが口にしたことがあるカレーだけに、やりとりは白熱したものに。読者の皆さんは、いったい何派だろうか。

「牛すじ」「豚バラ煮込み」…どれもうまそう

スレッドを立てた人物を始め、やはり勢いが強かったのは牛肉派だ。

「どれも美味しいけど牛のサイコロみたいなのが至高だな」
「いい牛肉使うとマジで美味い」
「肉とは牛肉のことですよ それ以上でもそれ以下でもございませんの」
「豚?(ヾノ・∀・`)ナイナイ」

また普通の牛肉以外にも、「牛すじ」や「テール」を推す声も。濃厚な味わいに強い支持の声が集まった。

対する豚肉派も、力強くポークカレーへの愛を語る。

「豚だっつの 牛厨はいい加減諦めろ」
「今のところ自作だと豚バラ煮込みカレーが最強。豚バラブロックを1cm幅に切って、白ワインで4時間煮込み、スープストックと乱切り野菜を加えて仕上げる」
「より脂の甘い豚のほうが辛いカレーに合うと思うから基本豚だなあ」

ちなみに「gooランキング」のウェブ調査(2012年)では、家庭のカレーの肉として「豚」が1位になっている。それだけに熱心な豚肉派も多く、中には「カレーの本場はインドでは牛肉は食べない、よってビーフカレーは、有り得ない」と、カレーの故郷・インドを持ち出して牛肉派を論破しようという人もあった。

「カレーには全てを受け入れる包容力がある」

コストパフォーマンスに優れる鶏肉も、根強い人気を集める。

「牛肉高い→ビーフカレー→肉少しだけ→むなしい 鶏肉安い→チキンカレー→肉たくさん→うれしい」
「だから手羽先だって言ってんだろーが 骨からほろっと身が取れて軟骨・肉・皮の食感が楽しめる」

さらに三大勢力以外にも、シーフードやカツ、また独特のクセが生きるマトン好きも少なくない。「ちくわ」「食べるラー油」「猪肉」という意外な少数意見も。猪肉は「カレーにすると特有の臭いも気にならない」そうだ。

もとより結論の出る話ではなく、家庭の味を思い出しつつ討論は延々と続く。そのなかで一人の投稿者がぽつり。

「豚、牛、鶏、羊、鴨そして魚介類 カレーには全てを受け入れる包容力がある」