女性は自分へのご褒美として「ひとり旅」を楽しむ傾向に-JTB・たびQ調査

写真拡大

JTBは、JTB旅のアンケート「たびQ」で、ひとり旅に関するWEBアンケートを実施した。

調査期間は2012年10月4日〜10月11日、回答数は3,934名。

ひとり旅の目的について尋ねたところ、「リフレッシュしたいとき(32.6%)」が最多。

女性は「自分へのご褒美」として、男性は「自分を見つめ直したい」からひとり旅をし、アクティブシニアは「趣味を満喫し、未知の場所をみたい」という傾向が見られる。

ひとり旅の申し込みについては、国内旅行は「交通・宿泊ともに事前に予約」が35.4%、海外旅行は「パッケージツアーのフリープラン」が40.1%となった。

ひとり旅をした理由を聞くと、「自由で気楽な旅がしたかったから(43.0%)」という回答が最も多く、「ふと、ひとりで行ってみたくなったから(18.7%)」、「ひとりで旅行するのが好きだから(14.0%)」が続く。

「一緒に行く同行者がいなかった」などの消極的な理由は約2割である。

ひとり旅をしてみたい場所についての質問では、国内の1位は「北海道」、2位「京都」、3位「沖縄」、海外の1位は「アメリカ」、2位「フランス」、3位「ハワイ」という順位になった。

どのような観光をしたいかという質問に対しては、「景色のきれいなところ(23.0%)」がトップ。

次いで「温泉地(19.8%)」、「世界遺産めぐり(14.8%)」、「都市ステイ(12.7%)」が続く結果となった。