盛岡で出合った5人の高校生(撮影協力:caffe bar PICO)。

写真拡大

■郷土史のインフラ

人口29万5166人。岩手県の県庁所在地、盛岡の悪口というものをあまり聞かない。旨い食い物屋が多い。チェーン店ではない地元の喫茶店が多い。いい地元の本屋がある。街がコンパクトで歩いていて楽しい。人の気質が優しい。地縁がないのに東京から移り住む人がけっこういる……。こういった話をよく聞く街だ。郊外に目を向ければ、巨大なイオンが2つもできていたりと、よくあるバイパス沿いの光景がこの地でも生じているとわかるのだが、「この町には何もない」と地元の高校生に自嘲される東北の他の地や、「東北の中では大都会だけど、東京から来た店があるだけ」と見抜かれている仙台などと比べれば、盛岡の評判は良い。そして、盛岡に暮らすひとから、この街を自嘲するようなもの言いを聞いた記憶がない。

今回盛岡を訪れてみてわかったことは、高校生たちのあいだで郷土史が丁寧に学ばれているということだ。「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」に参加した5人の高校生は、つぎつぎに話してくれた。

「小学校の時に、郷土学習でいろんなところに行くんです」

「石川啄木とか。目の前が岩手公園だったので、それでいつも歩いて行くみたいな」

盛岡市の中心にある岩手公園(盛岡城跡公園)には、啄木の「不来方(こずかた)のお城の草に寝ころびて 空に吸われし十五の心」の歌碑がある。啄木の故郷、盛岡市郊外の渋民(しぶたみ)には石川啄木記念館がある。

「中学生のとき、学校のすぐ近くに先人記念館があって、そこで新渡戸稲造とか、米内光政とか、そういうのメッチャやりました」

JR盛岡駅南西郊外にある盛岡市先人記念館は1987(昭和62)年開館。盛岡市生まれの3人——国際連盟初代事務次長でユネスコの創設者でもある新渡戸稲造(にとべ・いなぞう。1862[文久2]年生まれ)。最後の海軍大臣で、1940(昭和15)年には首相も務めた米内光政(よない・みつまさ。1880[明治13]年生まれ)。アイヌ語研究家の金田一京助(きんだいち・きょうすけ。1882[明治15]年生まれ)をはじめとする明治以降の盛岡ゆかりの偉人130人の資料が展示されている。

集まってくれた5人の中には、沿岸の大槌町出身者もいた。大槌でも郷土学習をやりますか? たとえば三閉伊(さんへい)一揆とか。

「はい、やりました」

前述の人名はすべて『広辞苑』に載っているが、幕末の1847(弘化4)年および1853(嘉永6)年に大槌一帯で勃発、南部藩主を交代させるにまで至った1万人規模の"市民運動"のことは載っていない。それを大槌では中学生で学ぶという。丁寧な郷土学習は、盛岡市というよりも岩手県の気風なのかもしれない。5人の中には盛岡の南・花巻から来た高校生もいた。

「花巻にも宮沢賢治記念館とか、宮沢賢治イーハトーブ館とかあります」

前者は花巻市の施設、後者は賢治作品の愛好者・研究者の集まり「宮沢賢治学会イーハトーブセンター」の施設。賢治のハコモノが2つも要るだろうかとも思うのだが、宮城県にも石ノ森萬画館(石巻市)と石ノ森章太郎ふるさと記念館(登米市)という例があるので、花巻だけが愛情過多というわけではないだろう。ただ、盛岡で会った高校生たちの口から、賢治、啄木、新渡戸、米内という名を聞くと、この地が近代日本史に関わる多くのひとを輩出してきたところなのだと実感する。同じ問い——郷土の偉人は誰ですかという問いを、福島や宮城の高校生に向けたとき、これほど潤沢な答えが返ってくるだろうか。

岩手の、いや、盛岡ならではの話を取材中に聞いた。男子生徒がひとりもいない共学校に通う高校生の話だ。

■「こころ動くものがなかったんです」

照井涼香(てるい・すずか)さんは岩手県立盛岡第二高等学校2年生(文系コース)。同校の文系は3年生からは数学を必要とするコースと、そうでないコースに分かれる。照井さんは前者に進む予定だ。盛岡二高は1897(明治30)年に盛岡高等女学校として創立。卒業生は「白梅」と愛称で語る伝統のナンバースクールだ。終戦後の昭和26年に現校名となった。その前年に男女共学となっているのだが——。

「わたしの高校は共学なんですけど、実態は女子しかいないんですよ。男子トイレはいちおうあるんですけど『生徒使用禁止』って貼り紙が(笑)。たぶん二高では、60年近く男子生徒がいません。暗黙の了解的な感じです。友だちのおじいちゃんが二高の卒業生って話を聞いて、本当に男子生徒がいたんだなって感じです(笑)。盛岡市民でも共学じゃないって思っている人はたくさんいると思います」

つまり男子が受験しないのだ。地方の名門ナンバースクールが共学化を迎えようとすると、たいがいは卒業生が抗議運動を起こす。それでいて、けっきょくは共学になる(仙台はその例だ)。だが、盛岡という街のひとびとの流儀は、それとは少し異なるようだ。

さて照井さん、将来は何屋さんになりたいですか。

「私は都市計画をしたいです。中学校の時にお姉ちゃんの就職の関係で、初めて横浜に行ったんですけど、そのときに、今までになかった『まち』に関する感情が自分の中で出てきて、なんか……」

「まち」は「町」ですか。それとも「街」?

「ぎょうにんべんのほうです(笑)。今まで盛岡に住んでたり、仙台とかに遊びに行っても、何もこころ動くものがなかったんですけど、横浜のみなとみらいに行って、この街何だろうっていうかんじになって。そこからすごい横浜っていう街が好きになって。最近もちょくちょく遊びに行ったりするんですけど、そのたびに、将来この街に住みたいと思うようになってきて。横浜についての本とかを読んで、すごいグローバルな街だということを知って、そうしてるうちに都市計画というものに興味を持って。最初盛岡とか東北で都市計画の仕事を考えていたんですけど、関東のほうって進んでるじゃないですか。次のステップに行かなきゃと考えたとき、盛岡とかはあんまり進んでないから、進んだ街を見て学んでくればできるかなと思って」

先回りして訊きます。都市計画がやりたくて横浜が好き。志望は横浜国立大学ですか。

「最初は視野に入れてました(笑)。でもちょっと学力が……あそこは高いので……。とりあえず都市計画をするにあたってのプランニングの仕方とかを学ばないといけないと思っています。大学は行きたいです。今、2つで迷ってるんですけど、横浜市立大学の国際総合科学部にまちづくりコースが今年からできたんですよ。横浜で学ぶには、もってこいだなと思ってるんですけど、そこもちょっと学力が高いから頑張りたいなって感じで。あと現実的に見ているのが宮城大学の事業構想学部」

仕事をするときには、どこに住んでいますか。

「横浜か、もうひとつ考えているのが、大宮もいいなと。行ったときに思ったんですけど、駅周辺のかんじとか、すごいなと」

海外に住むという考えは。

「留学とかはしたいんですけど、海外は住む場所じゃない気がします」

照井さんのお父さんは岩手銀行のボイラー管理のお仕事。お母さんは岩手日報でパート。照井さんは三きょうだいの末っ子で、姉は千葉の柏に住んで官庁勤め、兄は盛岡の法律専門学校に通っている。照井さんは震災から1年と少し経った2012(平成24)年4月末に、家族で宮古に行った。それが震災後最初の沿岸部行きだったという。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)